カテゴリー別アーカイブ: 未分類

シミの場所から分かる体の健康状態①

「肌は内臓の鏡」という言葉があります。
体内の臓器や器官に不調があると、肌にもその影響が出てくるから、日頃の生活習慣を見直すことが必要です。

■顔のシミでわかる体の不調

顔にでるシミと体内の不調との関係を示した一例です。

 

1.額のはえぎわのシミ・・冷え症で婦人科系弱い、宿便たまりやすい

2.額のシミ・・性腺ホルモン、副腎ホルモンの分泌異常

3.こめかみのシミ・・自律神経の乱れ、肝臓が弱い、甲状腺機能低下、更年期障害

4.瞼の上のシミ・・月経不順

5.側頭部よりほほ骨にかけてのシミ・・肝臓、胆嚢の障害

6.鼻の上のシミ・・腸が弱い、宿便がある

7.瞼の下のシミ・・貧血、肝機能低下、女性ホルモンバランス崩れ

8.ほほ骨のシミ・・肝臓が弱い、腰痛あり、痔が悪い、便秘症

9.鼻の天辺のシミ・・便秘、大腸が悪い、宿便が溜まっている

10.鼻の下や唇の下のシミ・・冷え症、宿便の停滞、女性ホルモンのバランス崩れ

★顔全体のシミ・・性ホルモン分泌不足、副腎機能低下


■シミには原因がいろいろ

1)便秘、宿便によるシミ・・・
便秘になるとそこで発生した毒素が腸壁から吸収されて、血液は汚れ、体中を駆け巡り、シミ、小じわ、肌荒れの原因となります。

2)貧血、冷え症によるシミ・・・
女性に多いこれらの症状は、血液が不足したり、血流が悪いため、皮膚の細胞への酸素や養分の 供給が充分でなく、代謝分解物の運搬排除も 低下しているために、シミができます。

3)老化によるシミ・・・
若い時は皮膚細胞や色素細胞の新陳代謝が活発であるが、加齢と共に新陳代謝は衰え、メラニン色素が沈着しやすくなります。女性の場合は閉経期を過ぎると、女性ホルモンの分泌も減り、皮膚も荒れてきます。また加齢と共に脳下垂体 から出るホルモンも減って、保水能力も減ってきて、カサカサ肌になります。

4)肝機能低下によるシミ・・・
肝臓は体内に入ってくるあらゆる物を分解解毒し、再配分しています。肝臓の機能が低下すると、皮膚に色素が沈着し易くなるし、慢性病でいつも薬を飲んでいたり、化粧品をいつも厚く塗っていると、ますます肝機能が低下します。尋常性肝斑と言われるシミは肝臓機能低下によりできます。

5)腎臓機能低下によるシミ・・・
腎臓も解毒代謝の役割をしていて、機能が低下すると、血液中に老廃物が増えて、解毒能力低下して、シミを作ります。腎臓が弱ると肝臓の負担も増えて、悪循環します。

6)ストレスによるシミ・・・
ストレスを受けると、副腎皮質ホルモンが刺激されて、メラニン色素を増加させます。またストレスは活性酸素を増やすから体に良くないです。

7)紫外線からの刺激によるシミ・・・
強い紫外線を長時間浴びると、皮膚に良くないことは誰でも知っていいます。最近は皮膚がんの原因とも言われています。紫外線による皮膚の炎症の後はシミになる。そもそも紫外線が活性酸素を発生させているが、体内でも活性酸素を発生させることもあるから、留意が必要です。

8)偏食やタバコによるシミ・・・
肉食ばかりしている人は、肌は汚くなるし、シミも増える。肉や甘いものは、腸内環境を悪化させて、血液は濁るし、肌に良くないです。タバコが肌に良くないことは説明するまでもない。食べ物が悪くて、腸に炎症が起きると、腸壁がただれて、分子の大きい栄養物が血中に吸収されて、皮膚に出てくる。また摂取する栄養素のバランスが悪いと、皮膚形成も正常性を欠き、肌が荒れます。

9)薬、化粧品、食品添加物、農薬、空気中の化学物質など・・・
これらの化学物質は全て体にとっては、自然界には本来ありえない異物です。体は本能的に排除しようとするし、副作用が起きます。体内に残量して、臓器や器官の不調をもたらします。肌を綺麗にするために塗っている化粧品がシミの原因になることも多いといいいます。

10)心臓病によるシミ・・・
顔は心臓の状態を反映している。心臓に脂肪が蓄積されると、顔にシミや斑点ができます。

 

カテゴリー: 未分類, 柿茶健康通信 | タグ: | コメントをどうぞ

【ポリフェノールの効用】体をサビから守る抗酸化作用が特徴

◆ポリフェノールとは

ポリフエノールとは植物の色や苦味、渋味の成分のことで、植物の葉や茎、実などに含まれており、色が濃く渋味が強いものに豊富です。自然界に数千種類以上存在しているといわれている栄養素です。

ポリフエノールはからだに弊害を起こす活性酸素を除去する抗酸化作用があります。動物より植物のほうが長寿であることが多いのは、この抗酸化作用によるところが大きいと考えられています。

◆ポリフェノールンの働き

ビタミンAやビタミンEは脂溶性成分(水に溶けにくく油に溶けやすいビタミン)。ビタミンCは水溶性成分(水に溶ける成分)で抗酸化作用を発揮しますが、ポリフエノールは水溶性、脂溶性のビタミンの両方の性質を合わせ持つことが分かっています。

ポリフェノールの抗酸化作用は、活性酸素を除去する作用があるため、病気に対抗する力やアンチエイジング効果があります。

またポリフェノールは水に溶けやすい成分なので体に入ると直ぐに抗酸化作用を発揮しますが、効果が長く続かないので、毎日継続的に採ることが大切です。


◆活性酸素

活性酸素は体内に侵入した細菌やウイルスを攻撃したり、体の中であまった水を排出する働きなどの良い働きがあります。また過剰に発生すれば身体を「酸化」させ害になる働きもあり、毒性が強く、体内の細胞を傷つけ、老化や生活習慣病の原因になります。

 

◆抗酸化作用のある野菜、ファイトケミカルが多く含まれる野菜果物
(ファイトケミカルとは植物性食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された化学物質)

お茶やワインに含まれる渋み成分
ブロッコリー
ニンニク
タマネギ
キャベツ
ニンジン
カボチャ
トマト
ホウレンソウ
大豆
ゴマ
ごぼう

スイカ

ブルーベリー
柑橘類

柿茶
ポリフェノール豊富な柿茶はこちら

カテゴリー: 未分類 | タグ: | コメントをどうぞ

【カリウムの効用】血圧を下げる、高血圧予防にはナトリウムとカリウムのバランスが重要です。

画像の説明
                      ※佐野内科ハートクリニックより引用

カリウムの効用
血圧上昇を抑制
水分を引きつけて細胞の浸透圧を維持
筋肉の働きをよくする
エネルギーを生産
老廃物の排出

血圧を下げる、高血圧予防にはナトリウムとのバランスが重要
カリウムにはナトリウムの排泄を促して血圧を下げる作用があります。
塩分を減らし、カリウム摂取量を増やすのがポイント。

体液の浸透圧を修持
カリウムとナトリウムは体液の浸透圧を維持します。
細胞の内に多いのがカリウム、外(血液など)に多いのがナトリウム。
液体は濃度の低いほうヘ流れようとするので、細胞はこれに逆らって細胞内にカリウムをとどめ、細胞外にナトリウムを出して浸透圧を維持します。
この浸透圧によって、細胞内外の水分やいろいろな成分を調整する働きをしています。

筋肉の動きをよくする
カリウムが不足すると夏バテになるといわれています。カリウムは筋肉でエネルギーを作るように働きかけていますが、不足すると筋肉の動きが悪くなり、力が出ません。

カリウムは失われやすい
カリウムは野菜や果物など多くの食品に含まれていますが、不足しやすいミネラルの1つです。
また塩分の摂取が多いとナトリウムとともに排出され、コーヒー、お酒、甘い物やストレスも体のカリウムを減らします。

精製度が低い塩【入浜の塩】、砂糖【御蘭糖】もカリウムを始め多くのミネラルを含んでいます。また【柿茶】もカリウムが豊富です。

柿茶

カテゴリー: 未分類 | タグ: | コメントをどうぞ

【朝日米の玄米の炊き方】ミネラル豊富・食物繊維の豊富

【おいしい玄米の炊き方】
ミネラル豊富・食物繊維の豊富な朝日米の玄米の炊き方
   

①朝日米は吸水性が低い為一晩水に浸します。(最低4時間ぐらい)

②玄米はアブシジン酸というのが毒素として玄米否定派からいろいろ言われますが
発芽開始のスイッチが入れば芽を出すのに邪魔になる為無くなります。
そのためには水に浸します。

③炊く前に水を変えて軽くすすいで10合で小さじ一杯の割合
で天然塩などミネラル分のある塩を入れます。

  

④鍋のふたをしめて強 火で圧力がかかるまで炊きます。

⑤最高圧力になったら5分間炊き続けます。・圧力がかかって5分
5分経過したら弱火にして10分維持します。・弱火で10分
10分経ったら火を消して15分むらします。・15分蒸らす

⑥圧力が抜けていたらふたを開けます。

  

⑦炊きたてをどうぞ!

■朝日米の玄米はこちらから購入できます。

カテゴリー: 未分類, 柿茶健康通信 | タグ: | コメントをどうぞ

健康法あれこれ

柿茶本舗の前田です。今日は、最近テレビや新聞・雑誌などでやたら目につく健康法についてのお話です。

「名医が教える・・・・・」とか「家庭の医学」とか、健康に関する話題が満載。
平和な世になり日本人の平均寿命も年々のびる中、視聴者も健康には関心が高いだろうし、
マスメディアもそんな番組づくりは比較的安価で制作できるのだろうか?

エゴマ油が認知症予防に良いとか、オリーブ油がコレステロールを下げるとかが放映されると、あくる日のスーパーにはそれらの商品は品切れとなる。
NHKで長寿番組のひとつとなった「ためしてがってん!」でも、最近は健康に関する話題が圧倒的に多い。

そんな健康情報から気になった話題を書いてみる。

1、痛風の原因となるプリン体、多く含まれる食品は?(以下100gあたり の量)

①煮干し:  746 mg
②カツオ節:  493mg
③鶏レバー: 312mg
④ウニ   :  137 mg
⑤イワシ  : 210 mg
⑥クルマエビ:  195 mg
⑦ヤリイカ: ?161 mg
⑧サンマ : 155 mg
⑨ビール :  7 mg
⑩イクラ  :  4mg

私の尿酸値はいつも高い。だからザイロリックなる薬を飲まされている。加えてプリン体の多いものは摂らないように心がけている。特に卵類にはプリン体が多いと聞いていたから、イクラや数の子など美味しいのに極力食べないようにしていた。ビールも夏は美味いのに、プリン体ゼロの発泡酒や焼酎でがまん。
しかし何だ!この真実は。

ビールやイクラなんて、プリン体の値は煮干しに比べて屁みたいなもんじゃないか!

2、脳出血や脳梗塞になってないかのチェック方法

①笑顔でイーと言って顔がゆがまずにいられる?
②腕をまっすぐ平行にあげていられる?
③「らりるれろ」を3回言える?

ひとつでもできない時は病院へ行った方が良いとか。

以上、最近気になった健康情報でした。

脳梗塞

カテゴリー: 未分類 | 健康法あれこれ はコメントを受け付けていません。