カテゴリー別アーカイブ: 手当て法

裸療法・大気浴療法

大気浴療法(裸療法)

これは皮膚機能の鍛練法です。フランスのローブリー氏が考案した健康法です。皮膚呼吸を促進させ、酸素をはじめ必要な空気中の成分を直接毛細血管に取リ入れ,また体表面から汗や老廃
輪を発散させます。体操と組み合わせ、朝晩2回行いましよう。

方法
①窓を開放し新鮮な空気を入れて,裸になって全身を外気にさらします。規定の時問がきたら毛布を着て温まります。寝床で布団をはいだりかぶったりしてもよいです。
②裸のときは手足を動かしたり,金魚·毛管·合掌合踵などの運動を行ってもよいでしよう。た
だし温まるときは安静にします。
③一般には(A表)に従って行いますが、初めて行う人は(B表)から始めて、だんだんと時間
を延ばします。
④日の出前と日没後に行うのがよく,3~5月と10~12月が効果が特に大きいようです。

裸療法

注意すること
①大気浴療法を続けて行う場合は30分以上の時間をあけます。
②食事の前後30分と入浴後60分は行ってはいけません。
③喘息体質,肺結核,虚弱体質,肝臓病に効果が高〈,これらの体質改善に1日4回以上行うと
よいでしよう。ただし虚弱体質の人は,初めの10日間は1日1回とします。
④体内に発生したー酸化炭素を解消するので,癌の予防や早期癌の治療\こは1日11回行うとラ
きな効果が得られます。

 

カテゴリー: 身体のくせを正す, 手当て法, 西式健康法 | コメントをどうぞ

砂療法 【断食と同じように体内老底物がよ〈排泄されます。】

糖尿病,リウマチ、関節炎,肝鷹病,胃炎,中風,高血圧,慢性疲労、冷え性,立ちくらみ,頭痛もちなどに特に効果

砂療法の適地
砂が荒い浜は肌にチクチク感が強〈不向きです。海水浴場は海水が汚れていますし、人の往来が賑やかすぎてオチオチ入っていられません。波が荒〈泳ぐ人がいない海岸がよいでしよう。

また他の人が入った後の砂は前者の毒素炉残っているので避けます。季節はやはり7~8月です。気温35℃以上になると浜の砂は焼けるように熱〈なりますが,砂の中はいい按配です。気温25℃では病人には無理です。28℃〈らいからなら入れます。

事前の準儒
1 用意する物品
水筒 (ストローをつけられるもの)
ビーチパラソルまたは洋傘と1 m位の棒と紐 (棒は傘にっないで長くする)
中型シャベル
手ぬぐい2本または木綿のナイトキヤツプ
木綿のつば広の帽子
白っぽい木綿の風呂敷など髮をおおうもの
ビーチサンダル
女の人はビキニスタイルの木綿の水着
日焼け止めクリーム
男の人は海水パンツ

2 空腹にしておきます。(食事は砂療法終了後に食べます)
3アルコール類は絶対飲まない。
4 排便をすませておきます。

穴掘り
図のように安楽椅子に寝るような形の穴をシャベルで掘ります。頭が低くなりすぎないように。
尻のあたリは深く掘って足を軽く開いて曲げられるように。1人で掘ったかけたりする場合は右手側に砂を多く盛っておきます。

砂療法

 

砂がけ
胸部に砂を厚くかけると圧迫感があって胸苦しくなります。
腹部は両手をゆったリと腹の上に回きますのでやはり厚〈かけると窮屈です。
いずれも約5 cmのかけ砂がよいでしよう。
足のほうは7cm〈らいです。
1人でかける場合は穴に入ってから砂を全身にかけますが右手(利き手)の腕が残ってしまいますから,あらかじめ木綿の手甲のような日よけ袖(図参照)を被せておくとよいでしよう。

頭や顔が日陰になるように、ビーチパラソルまたはコーモリ傘の柄を棒にしばりつけて
しっかり砂に差し込みます。水は手の届く位置に匠いてチビチビ飲みましよう。
毒素をよく出すためグループの場合は世話人に声をかけて飲ませてもらいます。

砂に入ってから
1 入る時間は午前8時~夕方4時までなら大きな効果があります。
病人は正午~2時に1度出てひと休みしましよう。

2 入っているうちに肌がかゆくなりますが,これは砂炉毒素を吸い取る新陳代謝作用のためです。体の悪い人ほど苦しくなってゴソゴソ動いて体炉砂から出てしまうのです。健康な人は皮膚機能がよく,スムーズに毒素が出てゆきますがら、ただただ気持よく安眠できます。

3 病名にかかわらず病人には有効です。身も心も砂にまかせてゆったりとした気分で入りましよう。夏の季節中,回数多く入れればー層効果が大きくなります。

砂がら出てから
1 毒素を吸いとってくれた砂に感謝して、穴をきれいに埋め戻します。
2 肌にっいている砂をよく払い落としてから休憩所ヘ入ります。
3 風呂または真水で塩分を洗い流します。

好転反応
頭痛,吐き気,体臭,口臭,眠気,立ち〈らみ,患部の痛みが出ても反応現象ですから心配ありません。長くて2日です。有毒ガスダ出ていって酸素がよく入ってきて新陳代謝が活性化されたために,細胞の活動がよくなったしるしです。

注意すること
この療法の世話をしていて驚くのは後始末のときです。癌や難病の人炉入った後の砂穴を埋め戻すときに30歳代の世話係の青年4~5人が毒素にあたって真っ青、フラフラの半病人のようになリます。帰りのバスの中でも終始グッタリで生アクビを繰リ返し口もききません。

カテゴリー: 手当て法, 西式健康法 | タグ: | コメントをどうぞ

温冷浴療法 【血行を良くして疲れがとれる入浴方法】

onreiyoku

温冷浴療法

これはドイツのブラウレ氏の提唱した入浴法です。人間の体液は温浴によってアルカリ性に傾き副交感神経が刺激され,冷浴によって酸性となって交感神経が刺激されます。

したがって通常の温浴だけでは自律神経の働きが偏ることになります。そこで,温冷交換浴を行うことによって体液を中性にし,自律神経の作用を等し〈させようとする方法です。

また,血管が温浴によって拡大,冷浴によって収縮し,血液循環の促進がはがられて,疲労物質の排出ザスムーズとなります。

肌ダスベスベしてきて美容効果も期待でき,風邪予防には最適です。
温冷浴後のすっきり感、手足のほかほか感,床に入ってからの快い眠リヘさそわれます。

方法
まず浴槽を,温用,冷用の2個用意します。なければ,冷用はシヤワーまたはホース,あるいは桶でかぶってももよろしいでしよう。

湯の温度は41℃~43℃(冬は45℃まで),水は14~15℃(冬は18℃~20℃まで)が理想的です。
初めは水浴1分、次に温浴1分。これを,交互に水5回,湯4回行います。最後は必ず水で仕上げます。5回より少ないと効果が不十分,7回以上では疲労します。

水浴にシヤワー,ホース,桶を使う場合は,足背から徐々に上がって膝,臍,左肩,右肩,再
度,足背力,ら肩と繰り返し,1分間水をかけたら,温浴を肩まで1分,の順序で行います。

注意すること
●水の温度は14℃~15℃が理想ですが,慣れるまでは20℃でも,25℃でもよく,慣れるにし
たがって徐々に温度を下げます。夏から始めると抵抗なくー年中続けられます。

●重い高血圧や心服病,肝農病の重症の人、慢性腎不全の人は禁忌です。

カテゴリー: 身体のくせを正す, 手当て法, 西式健康法 | タグ: | コメントをどうぞ

7掛け温冷湿布 【ぎっくり腰、五十肩、神経痛など痛みに効果】

7掛け温冷湿布

局部的に痛みがある場合に効果があります。
関節炎、リウマチ、痛風、腰痛、背痛、神経痛、坐骨神経痛、扁桃腺の腫れ、ガマ腫等

お湯と氷水に付けたタオルを交互に当てて患部の血流を良くします。
火傷をしないように皮膚の上に乾いたタオルを乗せその上に暑いタオルを乗せます。
冷湿布は直接肌にあてます。

※上記お湯は50℃とありますが、カセットコンロでお湯を沸かしながらの高い温度が効果があります。また水は氷水、氷嚢で冷たい方が効果あります。

7掛け温冷湿布 時間

断食の教科書 著書:森美智代より抜粋させていただいております。

カテゴリー: 身体のくせを正す, 手当て法, 西式健康法 | タグ: | コメントをどうぞ

生野菜ジュース・青汁の作り方

生菜食、青汁 甲田療法


生野菜ジュース・青汁の作り方
低速回転の搾汁機やジュースマシン使用が最適ですが、ない場合はミキサーあるいはジューサ
ーを使います。ミキサー使用の場合は水を入れると野菜が酸化しますので,リンゴ汁やレモン汁,
トマトなどをミキサーが回る程度に入れてください。

■生野菜ジユース(青汁)の飲み方
1.飲む時は必ず塩を1合に対し2g入れます(野菜はカリウムグ多いので)。
2.胃の弱い人は布で濾してジュースにしたり、塩をやや多い目にします。
3.飲みに〈い場合はレモン汁1/2個やリンゴ1/4個を入れて工夫しましよう。
4.作ったら必ず30分以内に飲みましよう。

■生野菜ジユースに適する野菜
小松菜,ほうれん草,キャベツ、芽キャベツ,レタス,サニーレタス,パセリ,ケール,チン
ゲン菜,中国野菜、人参の葉,セロリ,大葉,サラダ菜,春菊,赤しそ,モロヘイヤ,水菜,壬
生菜,シロ菜など。ただし,苦味,辛みのある野菜は入れすぎないようにします。

■注意すること
1.その土地にできる新鮮な旬の野菜を使って〈ださい、生命力のあるものを摂る。
2.原則として,実の野菜(えんどう豆,さやいんげん,オクラ、アスパラガス,キユウリ,なす,うり,ピーマンやネギ類)は入れません。家庭の味を工夫してみましよう。
3.トマト,リンゴなどの果汁は風味付け程度にしましよう。
4.人参を緑の野菜ジユースに入れてもかまいませんが,作ったら早めに飲んでください。ビタミンが壊れてしまいます。
5.葉の野菜を長持ちさせるには,新聞紙に包んで冷蔵庫に立てて入れるとよいようです。

カテゴリー: 手当て法, 西式健康法 | タグ: | コメントをどうぞ

自分でできるカラシ湿布の作り方

自分でできるカラシ湿布の作り方・風邪、気管支炎、扁桃腺炎、結核、喘息などの呼吸器疾患、その他できもの以外の急性炎症などに効果があります。

■用意するもの

○カラシ(和、洋カラシどちらでもよい)100g~150g(成人の場合)
○小麦粉
○さらしなどの布、または料理用ペーパー
○お湯(50~60度)
○ビニール袋
○毛布
○ガーゼ


■方法

①カラシと小麦粉の割合
成人       ? カラシ1:小麦粉0
皮膚の弱い方   ? カラシ1:小麦粉1
幼児(6歳以下)  カラシ1:小麦粉3
赤ちゃん(2歳以下)カラシ1:小麦粉4

②カラシと小麦粉を50~60℃のお湯で練り、ベタベタの状態のものを布または料理用ペーパーに3mm程度の厚さに塗り広げます。

③上からもう一枚ガーゼを当て、ガーゼ側を胸部または、背中に広く湿布します。
④湿布の温度が下がらないように湿布の上にビニールをおき、毛布をかけて全身を温めます。
⑤実施時間は大人10~15分ぐらいで、少しめくってみて皮膚が赤くなっていれば効果があったということです。
⑥1日1回、朝か夜に行う場合は胸に、昼に行う場合は背中に湿布します。
場合によっては2回実施してもよいですが、胸と背中を同時に施さないようにしてください。


■注意すること

●カラシは新しいものがよいが、古くなったらカラシに番茶か大根おろしの汁を加えれば使えます。
●お湯の温度は55℃が一番よく、70度になると効力は減り、100℃や35℃以下では効果はありません。ツンと刺激臭が立つぐらいがちょうどいいです。
●20分以上はしてはいけません。20分以上たっても発赤しない場合は重い病気でうから、医療機関を受診してください。
●かぶれやすい人は湿布後肌にスイマグクリームかオリーブ油またごま油を塗っておきます。

カテゴリー: 手当て法, 西式健康法 | タグ: , , | 自分でできるカラシ湿布の作り方 はコメントを受け付けていません。

足湯(脚湯法)風邪、高熱から微熱まで、発汗を促し熱冷ましの特効

子供のころに熱がでるとこの足湯を母にしてもらってました。
効果抜群の脚湯法です。

風邪、高熱から微熱まで、発汗を促し熱冷ましの特効があります。他に腎臓病、水腫、糖尿病、咳にも効きます。

足湯

用意するもの
両足のふくらはぎまで入るバケツ、深めの容器2個(1個はお湯用、もう1つは水用)

○お湯(40度~43度まで)
○温度計
○乾いたタオル
○水(常温)
○ビニールの大きめのもの
○毛布

方法
①バケツに40℃の湯を満たし、仰向けに寝て両足ふくらはぎまでユニ浸します。膝から上は毛布で十分に保温します。

②40℃から始め、5分毎にやかんで差し湯して1℃ずつ上げていきます。バケツ内の温度が同じになるようにまぜます。

③40℃を5分、41℃を5分、42℃を5分、43℃を5分というように連続20分脚湯し、発汗させます。最後は水に2~3分位足首までつけます。

④水分を十分に拭き取って、あたたかくして静かに横になります。

⑤発汗が終わったら着替えをし、発汗によって失われた水分、塩分、ビタミンCを2時間以内に補給します。柿茶を飲むのとよいでしょう。

 

注意すること
①脚湯法は原則として午後3時以降に行います。熱が高いときは午後3時、6時、9時の3回空腹時に行います。食後は30分以上あけてください。
②普通の人はだいたい20分以内に発汗します。発汗しにくい人はお湯や柿茶をチビチビ飲みます。
③脚湯中のぼせ気味の人は水やぬるめの柿茶を飲みます。
④脚湯後、足が冷えきって温まらない人は水につける時間を縮めてください。(40秒から1分)
⑤汗が出来るまで温かくして寝ています。人によって脚湯後2時間ぐらいしてやっと発汗する人もありあます。
⑥脚湯後は足首がゆるんでいるので、すぐに起立したり歩いてはいけません。
⑦風邪のときは、カラシ湿布と脚湯をして汗を出し切ると治りが早いでしょう。
ただし40℃を超える場合は医療機関を受診してください。

 

カテゴリー: 手当て法, 西式健康法 | タグ: , , , | 足湯(脚湯法)風邪、高熱から微熱まで、発汗を促し熱冷ましの特効 はコメントを受け付けていません。

芋湿布(里芋パスタ)の作り方

自分でできる芋湿布の作り方・打ち身、捻挫、リウマチ、神経痛などの炎症・痛み、腹水、腫れ物などに効果があります。

用意するもの
生の里芋 (100g) 小麦粉(100g) ひね生姜(20g) 天然塩(20g)

①里芋を洗って、水を切ります。
②芋の皮のひげが少しこげるぐらいの火であぶります。
(こうすると患部が痒くなりません)
③芋の皮をむいて、すりおろします。
④生姜もすりおろし、芋に加えます。
⑤小麦粉、塩を入れて、こねます。小麦粉の量は里芋の量によって調節します。
⑥布または料理用ペーパーに3mm~5mmくらいの厚さにのばし、その上にガーゼを当て、ガーゼ側を直接患部に貼ります。かぶれやすい人はあらかじめ患部にスイマグクリームやゴマ油を塗っておきます。
⑦普通は就寝時に貼って、翌朝取り除きます。
⑧患部が熱をもっているときは芋湿布が乾き、癌の場合は毒を吸ってドロドロになります。乾いたりドロドロになったら(3~4時間が目安)取替えします。

注意すること
1、かゆみが強いのは芋の焼き方が足りないためです。

2、どうしてもだめな人はジャガイモでも代用できますが、効果はさがります。
3、芋湿布はまとめて作り、密閉して冷蔵庫に保管できます。
4、おへそには入らなうようにします。

里芋粉の販売はこちらです

カテゴリー: 手当て法, 西式健康法, 柿茶健康通信 | タグ: , , , , , | 芋湿布(里芋パスタ)の作り方 はコメントを受け付けていません。

味噌湿布の作り方

misoshipu-1

味噌湿布

便秘、腹部膨満、腹水、発熱の諸症状、宿便の排泄
おなかに味噌湿布をすると,便通がっき、熱をとり,呼吸を楽にし,尿の出もよくなります。
へそのすぐ下には元気、勇気の集まる所と言われている「丹田」があり,昔からヘそは健康状態に関係すると言われてきました。

用意するもの

なるべ〈古い自然味噌
さらしまたは料理用ペーパー
バスタオル,腰ひも、茹でたこんにやく2個(大型がよい)
ガーゼ,タオル数枚

方法
●500~700 gの味噌を小鍋に入れ,そのまま弱火にかけ,焦げっかないように練ります。
●さらし(料理用ぺーパー)の真ん中に練りたての味噌を熱いうちに6mm〈らいの厚さにのば
し,布の周囲は3 cmほどあけておきます。
●患者を寝かせ,ヘそに直径3 cmぐらいの厚紙をのせ,ヘそに味噌が入らないようにします。
●味噌湿布にガーゼを置きガーゼ面をヘそを中心とした下腹部に当てます(火傷のないように温
度に注意)。茹でたこんにやく2個をタオルで厚く包み湿布の上に置き温めます。
●バスタオルでおなか全体を包み,ずれないように腰ひもでくくって4時間以上温めます。

注意すること
●味階湿布を連続して1週問~10日,あるいはそれ以上続ける場合は,毎日112は新しい味噌
を加えて練*)直します。味噌が異臭がしたら捨てて新しく替えます。
●湿布が胃部に近すぎると吐き気を催すことがあります。なるべく下腹の方ヘ当てます。

カテゴリー: 手当て法, 西式健康法 | タグ: | コメントをどうぞ