カテゴリー別アーカイブ: 木枕

ストレートネック 枕 肩こり枕【木枕・平床をして体の歪みを整える方法】

ストレートネック 肩こり

木枕・平床の上で寝ると毎晩少しづつズレている首や背中を整えていきます。
首の骨は歪みやすく木枕を使い頭の重さで首の骨を牽引矯正します。

木枕の効果
●首の骨のズレを矯正
●肩こりを解消
●小脳や延髄を刺激し、手足の神経のマヒを予防
●頭部への血流が多くなり、頭が軽くなる
●ストレートネックの矯正

木枕でストレートネックを解消、木枕で肩こりの解消
ストレートネックの症状には頭痛、肩こり、首の痛み、めまい、ふらつき、手のしびれ、吐き気、自律神経失調など様々な症状がでてきます。

通常の首は緩いアーチになっており5~6キロもある頭をバランスよく支えています。
しかし長時間パソコンやデスクワークをしているといつの間にか猫背になっていることがあり首が突き出た状態になり肩こりやストレートネックの原因になります。

首を支えている筋肉に負担をかけてしまっているのが原因です。
また首が頸椎より前にでると重い頭を首や背中の筋肉で支えるため肩こり、頭痛などの症状が出やすくなります。

木枕は寝ている間に首をストレッチしてくれて更に首のアーチに沿った形になっているため指圧効果と首のストレッチ効果が働きます。

肩こりや肩こりからくる頭痛、シビレや肩のや首の痛みのある方お試しください。

 

■肩のこりは座り方、普段の姿勢に気をつけます。

座っている時にはなるべく骨盤から背骨が立つように座ります。同じ姿勢を長く続けないようにしましょう。

●下を向いた姿勢の作業
●首を前に倒す前かがみの姿勢
●正面を見るためにあごがでる座り方
※1時間に1回はストレッチも大切


木枕の選び方・使い方です。

●はじめは痛く感じる方もいますので 枕の上にタオルを乗せて使ってください。
●1日5分でも10分でもかまいませんので徐々にならしてゆきます。
●規定のサイズの1サイズ小さめを購入しタオルで高さを調節するの方法もあります。
●基本的に木枕は首に乗せて使います。
●使用時に後頭部が床に付くと効果がありません。

 

ストレートネックや肩こり用木枕の販売はこちらから

■平床効果
●背骨の狂いを治す
●背骨がまっすぐに伸び神経がスムーズに働く
●硬さが皮膚を刺激して血流をよくする
●内蔵の働きを改善
●夜間に汗をかきにくい

■平床で腰痛予防と対策
柔らかいベットで寝ると背骨が曲がったまま寝ていることとなり、背骨が一直線にはなりません。平床で寝ると背骨が一直線になり歪みが矯正できます。腰痛に人ほど腰と床の間に隙間があります。

背中は筋肉が多くなかなか筋肉がゆるみません。寝る前には金魚運動や背腹運動をして筋肉をほぐしてから木枕や平床を使って寝ることをおすすめします。

西式健康法の考えに基づき治療をしている病院

 

カテゴリー: 木枕, 西式健康法, 柿茶健康通信 | タグ: , , , | ストレートネック 枕 肩こり枕【木枕・平床をして体の歪みを整える方法】 はコメントを受け付けていません。

木枕Q&A・選び方・使い方・良くある質問

木枕のQ&A・選び方・使い方・良くある質問をまとめていますので参考にしてください。

①選び方
●木枕はどのように選べばいいですか?

サイズの選び方ですが薬指の長さと枕の高さが近いものを選びます。
もう一つは身長も参考にしてください。

木枕サイズ
SS 6cm
S  6.5cm
M  7cm
L  7.5cm
LL 8cm

身長
SS~S 140cm~150cm
S    150cm~155cm
M    155cm~165cm
L     165cm~175cm
LL     175cm以上

指と身長でサイズが違う場合は小さい方を選びます。
小さめでもタオルを敷くと高さの調節ができます。
●薬指の長さは6.2センチ~6.3センチ位です。身長は160センチ弱です。SとSSどちらが良いと思われますか?低めを購入して、タオル等で調節したほうが良いでしょうか?

慣れないうちは木枕の上にタオルを重ねて使用するのをオススメしています。
タオルをのせると枕の高さも多少高くなりますので適合サイズより一つ下のサイズでいいと思います。
また指の長さと枕の高さが若干違う方も低めの枕をお勧めしています。

 

②使い方

●木枕のサイズがあっているのかどうか分からないです。
レビューを参考に、小さめのSを購入したのですが、果たしてこれでいいのか、小さすぎるのか(指の長さに合わせてMにした方がよかったのか)よく分かりません。

木枕はなるべく硬めのマットレスできれば板床(平床)又は畳の上において使います。

※ベット等であまりにやわらかいものは枕が沈んでしまうのでなるべく硬めのものをお勧めします。木枕を使うときは首にあて、首のアーチに合うものが一番です。

首の何番というのは気になさらず木枕を首にあてて寝た時に床と顔が平行になるように当ててください。

また、枕を首に当てた時に顔が床と平行にならずに頭が下がるようでしたら木枕の下にタオルを何枚か敷くか、枕にタオルを巻いて調節してください。

※初めての方は枕が固いのでそんなに長く使えないと思いますのでタオル巻いたり、タオルを乗せて使います。

はじめは寝る前に5分でも10分でも使ってみてその後は普通の枕で寝るようにしてください。徐々に時間を延ばしていくようにしてください。

●サイズ選びについて木枕を購入しましたが、使用時後頭部が少し浮きます。サイズは合っているのでしょうか?

木枕ご使用時に後頭部が少し浮くということですがご使用時に首の後ろのアーチに木枕があっていれば問題はないと思います。ポイントは寝たとき顔が平らになるように枕をあててください。

 

カテゴリー: 商品Q&A, 木枕, 西式健康法 | タグ: , , , | 木枕Q&A・選び方・使い方・良くある質問 はコメントを受け付けていません。

肩こり、ストレートネック予防に最適な枕をご紹介します。硬い(木枕)枕で首をストレッチします。パソコンに向かって長い時間仕事をする人は必見です。

肩こりの方には是非ためしていただきたい枕があります。桐の木でできた木枕です。

普段軟らかい枕を使われている方はなぜ?硬い枕というかもしれませんがこれが肩こりやストレートネックの方にはとても効果のある枕です。
通常の首は緩いアーチになっており5~6キロもある頭をバランスよく支えています。

しかし長時間パソコンやデスクワークをしているといつの間にか猫背になっていることがあり首が突き出た状態になり肩こりの原因になります。

要するに首を支えている筋肉に負担をかけてしまっているのが一番の原因です。

また首が頸椎より前にでると重い頭を首や背中の筋肉で支えるため肩こり、頭痛などの症状が出やすくなります。

この木枕は寝ている間に首をストレッチしてくれて更に首のアーチに沿った形になっているため指圧効果と首のストレッチ効果が働きます。

肩こりや肩こりからくる頭痛、シビレや肩のや首の痛みのある方は1度お試しください。


■肩のこりは座り方、普段の姿勢に気をつけます。

座っている時にはなるべく骨盤から背骨が立つように座ります。
同じ姿勢を長く続けないようにしましょう

○下を向いた姿勢の作業
○首を前に倒す前かがみの姿勢
○正面を見るためにあごがでる座り方
※1時間に1回はストレッチも大切

■「首こりに効くストレッチ」

1.胸張り
両手を頭の後ろで組み肘を外に開くように胸を張りましょう。

2.首・前倒し
胸張り同様に頭の後ろで手を組み肘を閉め前に倒しましょう。

3.首・左右倒し
倒す方向の手を頭に、逆の手は肩に置きゆっくり倒しましょう。

4.首ひねり
視線を肩先を見るようにし捻りましょう。

格運動共に骨盤の上に頭が来るよう姿勢を正して行なうよう心がけましょう。
10秒~20秒かけてゆっくりと行いましょう。

木枕のご購入は こちらから

カテゴリー: 木枕, 商品紹介 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

西式健康法の木枕

西式健康法の六大法則 ①平床寝台 ②硬枕利用 ③金魚運動 ④毛管運動 ⑤合掌合蹠並びに觸手療法 ⑥背腹運動 のうち、平床寝台とセットで使われる硬枕を実現化したものが木枕。

西医学健康原理実践宝典によれば、枕の大きさは、本人の薬指の長さを半径とする丸太の二つ割。頚椎四番を中心に丸味の方を頚部にあて、仰臥して就寝中常用。

人類は進化の途上、四つん這いの姿勢から直立姿勢を取る様になった為、重力の関係から、先ず頚椎骨の第一番と第四番に副脱臼を起こし易くなった。そのために、耳鼻咽喉や歯の疾病や、気管支の炎症等を誘発するのである。硬枕は、これらの疾病を予防し、且つ治療せしめると共に、頚椎全体の副脱臼や肩のこわばりを治療し、又これを防止するものである。

又硬枕によって小脳や、延髄の機能が完全に働くようになるから、身体各部、特に手足の神経の麻痺が防がれる。

初めて硬枕を利用する人は痛かったり痺れたりするのが普通であるが、その時はタオル類を載せて用い、追い追い取り除くようにし、次第に直接頚部に当てても心地よく寝られるよう努力する。最初は10分でも20分でも利用し、他の柔らかい枕と取替え、次第に就寝中常用する。

硬枕は、ある意味において健康診断ともなるので、硬枕を利用して痛さを感じる人は、腸内に無用の古便の滞留している証拠であり、どこかに故障のある人であり、そして又、その痛さに堪えて硬枕に慣れることは、故障を治す方法でもある。

桐の枕が普通だが、中にはこんな枕も。

■ 大理石で出来た硬枕

■ 朱塗りの螺鈿模様が入った硬枕

カテゴリー: 木枕 | タグ: , , | コメントをどうぞ

肩こり解消法!【日本人の1200万人が肩こりに悩んでいる?簡単肩こり解消法】

ストレートネック 肩こり

日本人の1200万人が肩こりに悩んでいる?簡単肩こり解消法。

■肩こりの原因は『肩の血行が悪くなって』起こることがほとんどです。
例えば同じ姿勢(パソコンなど)を続けていると姿勢を保つため 同じ筋肉を長く使います。しかしカラダは動かないために、筋肉中の血行が悪くなり、酸素や栄養が隅々まで行き届かなくなります。

血行が悪くなると乳酸などの疲労物質が肩にたまりやすくなりそれが肩こりの原因になります。

※女性に肩こりが多いのは筋力が弱いため疲労しやすく代謝が滞り老廃物がたまりやすい傾向にあるためです。

?

■目の疲労によるものと自律神経系の乱れ
繰り返し目のピントを合わせなくてはならないような細かい作業が多い時は焦点を調整する筋肉が疲れてしまい、目からの不快感から、肩こりや首スジの張りを感じることがあります。
細かな作業と精神的緊張が加わると自律神経系(体を緊張させる交感神経系)の働きを乱すことにもつながり、肩こりが悪化することもあります。

?

■肩こりになる人とならない人の大きな違い?

肩こりにならない人はどんなことをしているのでしょうか?一つの要因は運動です。全身をバランスよく動かしていれば血流もよくなり筋肉自体がポンプの役割をして血液がいきわたり肩こりの原因となる疲労物質がたまりません。

?

■血行をよくして解決!
一番簡単な方法は入浴とストレッチを一度にすることが効果的です。
1、少し汗ばむ程度にお風呂に入り浴槽からでてカラダを洗います。
2、さらにもう一度入浴しお風呂の中でストレッチをするのが一番です。
3、後は適度に運動をして筋肉をつけておくことも改善方法の一つです。
 水泳は特にお勧めです。

?

カテゴリー: 木枕, 柿茶健康通信 | タグ: | コメントをどうぞ