カテゴリー別アーカイブ: 柿茶健康通信

シミの場所から分かる体の健康状態①

「肌は内臓の鏡」という言葉があります。
体内の臓器や器官に不調があると、肌にもその影響が出てくるから、日頃の生活習慣を見直すことが必要です。

■顔のシミでわかる体の不調

顔にでるシミと体内の不調との関係を示した一例です。

 

1.額のはえぎわのシミ・・冷え症で婦人科系弱い、宿便たまりやすい

2.額のシミ・・性腺ホルモン、副腎ホルモンの分泌異常

3.こめかみのシミ・・自律神経の乱れ、肝臓が弱い、甲状腺機能低下、更年期障害

4.瞼の上のシミ・・月経不順

5.側頭部よりほほ骨にかけてのシミ・・肝臓、胆嚢の障害

6.鼻の上のシミ・・腸が弱い、宿便がある

7.瞼の下のシミ・・貧血、肝機能低下、女性ホルモンバランス崩れ

8.ほほ骨のシミ・・肝臓が弱い、腰痛あり、痔が悪い、便秘症

9.鼻の天辺のシミ・・便秘、大腸が悪い、宿便が溜まっている

10.鼻の下や唇の下のシミ・・冷え症、宿便の停滞、女性ホルモンのバランス崩れ

★顔全体のシミ・・性ホルモン分泌不足、副腎機能低下


■シミには原因がいろいろ

1)便秘、宿便によるシミ・・・
便秘になるとそこで発生した毒素が腸壁から吸収されて、血液は汚れ、体中を駆け巡り、シミ、小じわ、肌荒れの原因となります。

2)貧血、冷え症によるシミ・・・
女性に多いこれらの症状は、血液が不足したり、血流が悪いため、皮膚の細胞への酸素や養分の 供給が充分でなく、代謝分解物の運搬排除も 低下しているために、シミができます。

3)老化によるシミ・・・
若い時は皮膚細胞や色素細胞の新陳代謝が活発であるが、加齢と共に新陳代謝は衰え、メラニン色素が沈着しやすくなります。女性の場合は閉経期を過ぎると、女性ホルモンの分泌も減り、皮膚も荒れてきます。また加齢と共に脳下垂体 から出るホルモンも減って、保水能力も減ってきて、カサカサ肌になります。

4)肝機能低下によるシミ・・・
肝臓は体内に入ってくるあらゆる物を分解解毒し、再配分しています。肝臓の機能が低下すると、皮膚に色素が沈着し易くなるし、慢性病でいつも薬を飲んでいたり、化粧品をいつも厚く塗っていると、ますます肝機能が低下します。尋常性肝斑と言われるシミは肝臓機能低下によりできます。

5)腎臓機能低下によるシミ・・・
腎臓も解毒代謝の役割をしていて、機能が低下すると、血液中に老廃物が増えて、解毒能力低下して、シミを作ります。腎臓が弱ると肝臓の負担も増えて、悪循環します。

6)ストレスによるシミ・・・
ストレスを受けると、副腎皮質ホルモンが刺激されて、メラニン色素を増加させます。またストレスは活性酸素を増やすから体に良くないです。

7)紫外線からの刺激によるシミ・・・
強い紫外線を長時間浴びると、皮膚に良くないことは誰でも知っていいます。最近は皮膚がんの原因とも言われています。紫外線による皮膚の炎症の後はシミになる。そもそも紫外線が活性酸素を発生させているが、体内でも活性酸素を発生させることもあるから、留意が必要です。

8)偏食やタバコによるシミ・・・
肉食ばかりしている人は、肌は汚くなるし、シミも増える。肉や甘いものは、腸内環境を悪化させて、血液は濁るし、肌に良くないです。タバコが肌に良くないことは説明するまでもない。食べ物が悪くて、腸に炎症が起きると、腸壁がただれて、分子の大きい栄養物が血中に吸収されて、皮膚に出てくる。また摂取する栄養素のバランスが悪いと、皮膚形成も正常性を欠き、肌が荒れます。

9)薬、化粧品、食品添加物、農薬、空気中の化学物質など・・・
これらの化学物質は全て体にとっては、自然界には本来ありえない異物です。体は本能的に排除しようとするし、副作用が起きます。体内に残量して、臓器や器官の不調をもたらします。肌を綺麗にするために塗っている化粧品がシミの原因になることも多いといいいます。

10)心臓病によるシミ・・・
顔は心臓の状態を反映している。心臓に脂肪が蓄積されると、顔にシミや斑点ができます。

 

カテゴリー: 未分類, 柿茶健康通信 | タグ: | コメントをどうぞ

増える生活習慣病

■2016年10月年齢別の人口分布図
総数1億2,700万人、人口の二分の一の分岐年齢は46歳。
図の左は男子、右は女子で、これから人口は減り20年後の人口1億人、32年後の人口8,600万人と推定されています。


■増加する成人病患者数

糖尿病:1000万人、糖尿病予備軍;1000万人、高血圧症:4300万人、
脂肪肝:3000万人、脂質異常症;3200万人、慢性腎臓病:1300万人、
腰痛:2700万人、変形性膝関節症::2400万人、骨粗しょう症:1100万人、
睡眠障害:2200万人、頭痛症:3000万人、難聴:2000万人、
花粉症:2000万人、アトピー症:700万人、胆石症:1000万人、
うつ病:700万人、排尿障害:810万人、気管支ぜんそく:1000万人、
認知症(予備軍含み):860万人、便秘症:800万人など。

総人口の分岐線は46歳で、46歳以上の人口数が6千350万人居る計算になります。
46歳以下の人達にも、成人病の人達はいますが、それにしても成人病患者が多いのに驚きます。

また65歳以上の人口数は3500万人で、総人口の28%を占めており、これ等の人達は、前述した病気のひとつやふたつ患っています。

政府は65歳まで働くことを推進しますが、これから60代の人達が本当に元気に働けるのしょうか。そして介護保険制度によって要介護又は要支援の認定を受けた人、要介護者数は、平成26(2014)年度末で592万人います。


■何故こんなに病人が増え続けているのでしょう

今日本人の平均寿命は男性81歳、女性87歳。
しかし健康寿命は男性72歳、女性75歳。
平均寿命と比べて、男性は9年、女性は12年短い。
これでは要介護者数が592万人もいるのも頷ける数字です。
先進国の中で、高齢者の寝たきり老人の多いのは日本だけだと言われています。


■百歳以上の長寿者の多い県と少ない県

調査によると、2016年9月、全国の百歳以上の高齢者が6万7,824人。

●人口10万人当たりの百歳以上の高齢者数の多い都道府県別順位は、
島根県97・5人
鳥取県92・1人
高知県91・3人
鹿児島県91・2人

●100歳以上が少ない順では
埼玉県32・1人
愛知県35・0人
千葉県37・8人
大阪府40・3人

これを見ると長野県以外は全て南西に位置している県です。
最高と最低のその格差が3倍以上あるのは、何故でしょう。


■生活習慣病にならないための方策

●食べ過ぎ。飽食が一番の原因です。腹7分を目標にします。

●日本の伝統食に回帰。
50年前までは副食には魚中心で、肉や卵、揚げ物、チーズ、牛乳は殆ど食べていませんでした。
更に甘い糖分たっぷりのケーキやお菓子類とジュース、そしてお酒の飲み過ぎなど嗜好品が生活習慣病を加速させています。

●運動不足を解消。
骨や筋肉を適度に使うことが重要です。

●加工食品をなるべくとららい
食品添加物なるべくとらないようにします。
また無農薬野菜もおすすめします。

上記に気をつければ腸内環境も整い、血液もきれいになり、疲れ知らずの健康体を維持できます。食べ過ぎ、肉や甘いもの、加工食品、冷たい酒や飲み物は腸内環境を悪くします。

※豊岡倫郎 氏の情報を転載しています。

柿茶
生活習慣病に予防に柿茶をおすすめします。

 

カテゴリー: 柿茶健康通信 | コメントをどうぞ

夏期健康講演会のお知らせ


NPO法人健康を考えるつどい 夏期健康講演会のお知らせ

講師 渡辺医院院長 渡辺完爾先生
演題 「認知症の予防方法

8月21日(日) 13:00~15:00

プロフィール:獨協医科大学医学部卒、医学博士。幼少期より医師である父(渡辺正)の指導により、朝食抜きの2食・生菜食・温冷浴など「西式健康法jを実践。西式健康法を基礎に断食療法・生食療法・運動療法などにて、各種疾患の治療にあたっている。薬を使わない療法にて、西洋医学で治らなかった難病ガ改善した例は数知れない。


講師 森鍼灸院 森美智代先生
    演題 「少食は世界を救う

8月23日(火) 13:00~15:00

プロフィール:難病の脊髄小脳変性症を発症し、西式甲田療法の甲田光雄氏のもとで断食・超少食の指導を受ける。鍼灸師の資格を取得し開業。病を克服後も20年以上一日の食事は青汁1杯だけという生活を続け、「不食の人」としてメディアで話題となる。


■少食健康法体験【一日分のビタミン、ミネラルがとれる昼食】

8月21日(日)、23日(火) 12:00~13:00

内容:生野菜ジュース、玄米おかゆ・おにぎり、豆腐 黒ゴマクリーム等必要最低限の栄養が入った健康食。


■料金:講演会1講演500円、食事は1回500円

※講演会+昼食 1000円 ※食事は予約制となっております。
※NPO法人健康を考えるつどいの会員の方は講演会は無料。

お申し込み日8/21・渡辺先生・昼食  8/23・森先生・昼食


■お問い合わせ、お申し込み
NPO法人 健康を考えるつどい(健康会館内)

〒762-0011坂出市江尻町1220番地
TEL: 0877-45-8441 FAX: 0877-45-8444
E-mail:info@kenkou-tudoi.jp
HP:
健康を考えるつどい


※お申し込みは電話・FAX・メールにてお願いします。

カテゴリー: ご案内, 西式健康法, 柿茶健康通信 | タグ: , | コメントをどうぞ

最近よく聞く腸内フローラ

398229

最近よく聞く腸内フローラ、フローエとはラテン語でお花畑のこと、
腸内に住む細菌を腸内フローラといいます。
このフローラが体を病原体から守ったり栄養の吸収を助ける働きをします。

腸内細菌の中で、大きく分けると善玉菌、悪玉菌、日和菌の3種類

■人間に都合のよい菌を善玉菌
乳酸菌、ビフィズス菌、納豆菌、麹菌、酵母菌などは人間の健康維持や
生命活動に必要な栄養素を生み出す。

ビフィズス菌は乳酸や酢酸を作りそれらが大腸を刺激して腸の蠕動運動を
活発にしお通じを良くします。

■都合の悪いものを悪玉菌
大腸菌、ウェルシュ菌、ピロリ菌
腸内で有害な物質を作り癌の原因にもなる。

■どちらでもないものを日和菌
善玉菌、悪玉菌の強い方に結びつく性質の菌

■腸内の理想的なバランスは
【善玉菌 2割】 対 【悪玉菌1割】 対 【日和菌7割】

善玉菌を増やすコツは食事の内容です。

1,食物繊維(腸の動きを良くする)

2,発酵食品(乳酸菌の宝庫)

3,オリゴ糖(ビフィズス菌の餌)

良い腸内フローラを増やす食事は和食です。
昔から和食を食べている日本人には和食を分解し有効に
使うことが出来る腸内細菌を持っています。

こちらの記事も参考にしてください。
おなかの調子を整える食べ物【腸内環境をよくするコツ】

?

カテゴリー: 美容と健康, スイマグ, 柿茶健康通信 | コメントをどうぞ

柿の葉とアトピー、アレルギーについて

atopi
■アトピーはどうしておこる?

アトピーの原因は皮膚の機能が低下して乾燥している時、アレルギー物質による(ホコリ・ダニ・食べ物)、またストレスも原因の1つに考えられます。

症状にも個人差があり子どもの頃アトピーでも大人になるにつれて治ってくることもあり、またその逆もあります。また家族にアレルギーの人がいたり、免疫反応強い人、抗体を作りやすい体質の人もなりやすいです。更にその時の体調や精神的なことも関係あるようです。

カラダを色々な細菌やウイルスなどから守る働きをしているのが抗体です。本来はカラダにいい働きをするのですが、過剰に働きすぎたり、マイナスの働きをすることがあります。
抗体の1つであるIgE抗体は、普通のヒトには全く害のない物に対しても過敏に反応し、アレルギーの原因となっています。

■体質による原因
アレルギー症状の原因となる物質
食物、花粉、ダニ、ほこり、カビ、動物の毛

■アレルゲン以外の刺激
汗をかいた時、衣類の摩擦、掻いた時の傷
石鹸、洗剤、化粧品
皮膚への刺激に反応し痒みが起こり、さらにかきむしってしまう悪循環

■皮膚のバリア機能低下
乾燥による皮膚機能の低下

■環境による原因
ストレス

■カラダの60%もの免疫器官である腸との関係?
腸はカラダの中で最大の免疫システムです。腸の環境や腸が元気であるということは免疫力が最大に高まるということです。腸をきれいにすることがアレルギーに対して一番の抵抗力になります。腸内環境が悪く老廃物が多いと腸が正常に働かずアレルギー物質の影響を受けてしまいます。
腸の働きを正常にし快便を心がければ、アレルギー物質をしっかり排出できます。

■日ごろの食生活から改善
アトピー、アレルギーの人が増えている背景は普段の食生活にあります。
高脂肪の食事を採る機会がふえ腸内環境の悪化が大きな影響を与えています。
腸内環境を整える食事はやはり和食です。魚や野菜中心の食事を意識してとることが肝心です。さらに粘膜の強化にビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化物質や柿の葉のポリフェノール(カテキン、アストラガリンなどはアレルギーを抑える効果があります。)がお勧めです。また過食も腸に負担をかけています。腹八分目と腸内環境を整える食事も大切です。

商品紹介
美容と健康に柿茶

カテゴリー: 柿茶健康通信 | コメントをどうぞ

梅雨時期に起こりやすい体調の変化 【梅雨の体調管理方法】

ame

■梅雨時期に起こりやすい体調の変化

梅雨時期は雨が降ると肌寒かったり晴れると蒸し暑かったりと
気温がとても変化する時期です。朝はまだ肌寒いときもあります。

体温調節がうまくいけばいいのですが体調が悪くなることもあります。

梅雨時期に起こりやすい体調の変化は
〇風邪をひきやすくなる
〇食欲不振
〇腰痛や 肩こり、頭痛
〇膝の痛みや足首の痛みなど、過去の怪我を含めて痛む部分がある
〇カラダの疲れを感じる
〇アトピーや喘息などのアレルギー症状が出やすくなる
などがあります。

■なぜ梅雨に、体調の変化が起こりやすくなるのでしょうか?

4月から気温が上がり始め、6月頃、体がやっと暑さに慣れ始めた
ときに梅雨が始まります。

人の体は、気温の変化に合わせて体温を調整する機能があります。

梅雨は、雨の日は肌寒く感じたり、晴れ間は暑かったりと気温
や湿度が大きく変化します。その結果、体のついていかなくなり、
体調が悪くなってしまうのです。

さらに湿気は汗腺をおおい、汗を出にくくすることもあり、
会社のクーラーの調節も難しいので寒さを感じて
自立神経も乱れがちになります。

梅雨の体調管理やカラダの温度調節には汗をかくことが一番です。
半身浴やサウナなどもいいと思います。老廃物をだしてカラダをすっきりさせましょう。

■食中毒対策
梅雨時期から増えてくるのが食中毒。
酢や梅干の酸は、強い殺菌力があることは知られています。

しょうが、わさび、しそ、みょうが、など
匂い成分がある食材も昔から食中毒対策として使われています。
柿茶や緑茶の消臭・抗菌作用を使うのも効果的です。

カテゴリー: 美容と健康, 柿茶健康通信 | コメントをどうぞ

【朝日米の玄米の炊き方】ミネラル豊富・食物繊維の豊富

【おいしい玄米の炊き方】
ミネラル豊富・食物繊維の豊富な朝日米の玄米の炊き方
   

①朝日米は吸水性が低い為一晩水に浸します。(最低4時間ぐらい)

②玄米はアブシジン酸というのが毒素として玄米否定派からいろいろ言われますが
発芽開始のスイッチが入れば芽を出すのに邪魔になる為無くなります。
そのためには水に浸します。

③炊く前に水を変えて軽くすすいで10合で小さじ一杯の割合
で天然塩などミネラル分のある塩を入れます。

  

④鍋のふたをしめて強 火で圧力がかかるまで炊きます。

⑤最高圧力になったら5分間炊き続けます。・圧力がかかって5分
5分経過したら弱火にして10分維持します。・弱火で10分
10分経ったら火を消して15分むらします。・15分蒸らす

⑥圧力が抜けていたらふたを開けます。

  

⑦炊きたてをどうぞ!

■朝日米の玄米はこちらから購入できます。

カテゴリー: 未分類, 柿茶健康通信 | タグ: | コメントをどうぞ

自分でできる花粉症対策【花粉症のしくみと簡単な対処法とコツ】

花粉症


■花粉とアレルギーのしくみ?

人の体を色々な細菌やウイルスなどから守る働きをしているのが抗体です。
本来は体にいい働きをするのですが、過剰に働きすぎたり、マイナスの働きをすることがあります。抗体の1つであるIgE抗体は、普通のヒトには害のない花粉などに対して反応し、アレルギーの原因となっています。
花粉が結膜や粘膜にくっつくと、IgE抗体が作り出されます。侵入した花粉と作り出されたIgE抗体が反応してヒスタミンなどの化学伝達物質をつくり、結膜や粘膜に存在する神経を刺激して花粉症の症状を引き起こします。

■カラダの60%の免疫器官!腸と花粉症の関係
腸はカラダの中で最大の免疫システムです。
腸の環境や腸が元気であるということは免疫力が最大に高まります。腸をきれいにすることがアレルギーに対して一番の抵抗力になります。
腸内環境が悪く老廃物が多いと腸が正常に働かず花粉の影響を受けてしまいます。
腸の働きを正常にし快便を心がければ、花粉をしっかり排出できます。

■セルフケア やさしい花粉症対処方!

ポイント1
鼻喉の粘膜を湿らせると花粉排出する力がアップします。
また蒸しタオルを鼻、喉にあてましょう。

ポイント2
鼻の中をを食塩水で洗いましょう。
1Lのぬるま湯に9gの食塩をいれます。(0.9%生理食塩水)
洗いすぎは良くないのでほどほどに洗います。(1日、2~3回で十分)
鼻水がとれてすっきりすればOKです。水が残らないようにしっかり出します。

ポイント3
鼻の粘膜を乾燥から守る方法です
植物油(ごま油、椿油など)を麺棒に適量しみこませ鼻のおくに直接塗ります。
就寝時、外出前に効果的です。

■花粉症は日ごろの食生活から改善
アレルギーの人が増えている背景は普段の食生活にもあります。
高脂肪の食事を採る機会がふえ腸内環境の悪化が大きな影響を与えています。
腸内環境を整える食事は和食です。魚や野菜中心の食事を意識してとることが肝心です。
さらに粘膜の強化にビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化物質やポリフェノール(カテキン、アストラガリンなどはアレルギーを抑える効果があります。)が多く含まれるお茶がお勧めです。

■商品紹介
美容と健康に柿茶
今から春先の季節には柿茶をおすすめします。

カテゴリー: 柿茶健康通信 | タグ: , | コメントをどうぞ

香川県民に糖尿病の多い理由

__ 2

香川県民に糖尿病の多い理由の1つにうどんの食べ方があります。

うどんは消化・吸収が早いと言われていますが、このことはブドウ糖を100として
食物の血糖値の上昇度合いを比較したGI値が高いことらも証明されています。

消化、吸収が早いので短時間休憩の昼食に最適。

しかし流しこむように食べる人が多く、早食いは満腹中枢が刺激される
時間的余裕がないので2玉、3玉と大食いになります。その上、素うどんだけで
済ます人や、後でおにぎりを食べる人もいて炭水化物に偏りがちです。

そこでGI値が低いおでんを先に食べることをお勧めします。香川のどのうどん店
にもあるおでん、焼き豆腐・ゆで卵・大根・こんにゃくはGI値が低く、先に食べると
後で高いものを食べても血糖値の上昇が抑えられます。

かけうどん1玉を食べる  30分後 → 70mg/dl 血糖値上昇
豆腐、卵のおでんを食べる 30分後 → 50mg/dl 血糖値上昇

これで栄養バランスもよくなります。

カテゴリー: 柿茶健康通信 | 香川県民に糖尿病の多い理由 はコメントを受け付けていません。

歩き遍路で健康数値が改善

ohenro

香川県では四国88ヶ所霊場を巡る歩き遍路をされている方がたくさんいます。
うちの直売所の前の道もそんな歩き遍路をされる方が79番札所・天皇寺の
へ向かってよく歩いています。

歩き遍路をすると悪玉コレステロール値や安眠度合い、緊張や不安、
興奮レベルが徐々に低下していくというのが新聞の記事にありました。

また歩く距離の割には疲労度が低いように感じる方も多く、さらに体の
免疫力を高めるナチュラルキラー細胞も活性化するということです。

いいことずくめですですね。歩き遍路いくしかないです。
そんな健康なお遍路さんをお接待させていただきます。
更に元気になって天王寺へ向かっていただきたい。

お遍路さんも是非柿茶を飲みにお立ち寄りください。

カテゴリー: ご案内, 柿茶健康通信 | 歩き遍路で健康数値が改善 はコメントを受け付けていません。