七掛温冷湿布 夏期合宿 5日目


今日で、合宿最終日、台風15号接近中にて朝から風強し。JR瀬戸大橋線も運休した。
起床して日課の裸療法,顎下懸垂,三号機による金魚運動・毛管運動をこなす。
午前9時より七掛け温冷湿布の実践。

七掛温冷湿布は、関節炎とか痛風,リウマチ,腰痛,背痛,肋間神経痛,腹痛,五十肩 など局部の痛みに有効な効能があるとされる。
方法は、お湯と冷水を別々の器に用意し、タオルで下表の時間間隔で患部に湿布を行う。
温湿布はやけどしない程度のなるべく熱い方がお薦め。
温湿布からはじめ20分間、次に冷湿布14分間・・・以下下表のとおり実施する。

温湿布の時間 冷湿布の時間
20分 14分
14分 10分
10分 7分
7分 5分
5分 3分30秒
3分30秒 2分30秒
2分30秒 1分40秒
1分40秒 1分
1分 1分
1分 1分

これで合宿の全工程は終了。
台風15号の影響で止まっていた瀬戸大橋線も運転再開、まずは無事終了してほっとした。
合宿のあり方では、まだまだ反省すべき点は多いが、ひとりでも多くの人が自分に合った健康法を見つけて実践し、自分の健康は自分で守って欲しいと切に願っている。


カテゴリー: 健康合宿, 西式健康法   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。