スイマグ

スイマグクリームの主成分について


スイマグクリームの成分はオリーブ油、マグネシウム、ワセリンです。

【オーリーブ油】
オーリーブオイルは古代エジプトより使用されていたようで、オレイン酸、ビタミンA、D、Eやポリフェノールなども含まれ、肌を保護血行促進、血管の老化を防ぐ、また紫外線による皮膚がんの発生を予防する効果も報告されています。

【マグネシウム】
微量ながら体内の代謝に関与しているといわれています。食べ物では、豆類、緑黄色野菜、昆布に多く含まれています。

精製された食物には、マグネシウムが欠如しやすく、また体内では蓄える仕組みになっていないようです。

高脂肪の食事は、マグネシウムの吸収を妨げ高たんぱくの食事はマグネシウムの排出を早めるため現代人はマグネシウム不足と言われています。

アトピー性皮膚炎にもマグネシウムが有効であるという報告が多くありマグネシウム入りの入浴剤は乾燥肌の改善し、保湿効果作用も持っています。

【ワセリン】
石油などの地下資源に由来していて、鉱物油といわれています。大昔植物や動物であったものが地中で変化したものなので、化学的成分は生物と非常に関係が深いものです。

ワセリンの作用は、保湿成分はないものの水分の蒸発を防ぐことにより皮膚の乾燥を防ぎ、外の刺激(ホコリや冷気など)から皮膚を保護します。

【成分】
オリーブ油、水、ワセリン、マイクロクリスタリンワックス、ステアリン酸ソルビタン、 水酸化Mg、ポリソルベート60、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、 トリクロサン、BHT、香料

スイマグクリーム

引用:渡辺医院 健康新聞501号より一部抜粋


関連記事

  1. 手当て法

    生野菜ジュース・青汁の作り方

    生野菜ジュース・青汁の作り方低速回転の搾汁機やジュース…

  2. お知らせ

    健康講座のご紹介です・西式甲田健康法が身体を救う【青汁、玄米菜食で元気な生活】

    【健康講座のご紹介】 西式甲田健康法が身体を救う【青汁、玄米…

  3. 身体のくせを正す

    温冷浴療法 【血行を良くして疲れがとれる入浴方法】

    温冷浴療法これはドイツのブラウレ氏の提唱した入浴法です…

  4. スイマグ

    スイマグの効果

    スイマグの効能は下剤としての効能と胃酸を抑える作用の2つを持っています…

  5. 健康合宿

    糖尿病の予防と治療法 夏期合宿 3日目

    合宿3日目、午後より東京中野区の渡辺医院 院長・渡辺完爾先生による講演…

  6. 身体のくせを正す

    裸療法・大気浴療法

    大気浴療法(裸療法)これは皮膚機能の鍛練法です。フランスのロー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まずはおためし

facebook

2018年10月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. スイマグ

    スイマグの副作用についてです。飲まない方がいい人、用法、容量について
  2. 柿茶の粉茶

    柿茶の粉茶 新発売
  3. 産地情報

    2015年今年も柿の葉の収穫が始まりました。
  4. 手当て法

    自分でできるカラシ湿布の作り方
  5. お知らせ

    歩き遍路で健康数値が改善
PAGE TOP