月別アーカイブ: 3月 2012

スイマグをもっと飲みやすく持ち運びにも便利なスティックタイプ顆粒(マリンマグエース新発売)です。 マリンマグエース細粒タイプ 2.1g×20包入り1箱1050円

スイマグの顆粒タイプ、マリンマグエースが新発売となりました。
今までのスイマグと効果はそのままスティックタイプで中身は顆粒となっております。

マリンマグエース細粒タイプ 2.1g×20包入り1箱1050円

液体を希釈して飲むスイマグよりも飲みやすくできています。
携帯用のスティックタイプとなっていますので持ち運びにも便利です。

細粒タイプ水にも溶けやすいです。
私の感想ですが液体よりも飲みやすいです。普通のスイマグを飲むよりもこれはいいです。
液体のスイマグが苦手な方はこちらを試してみてはいかがでしょうか。
水分を多くとるには液体のスイマグですが飲みやすさと携帯性では断然こちらがいいですね。

ご購入はこちらから→ 【新発売マリンマグエース】

 

カテゴリー: スイマグ, 商品紹介 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

家庭でできる柿の葉茶の作り方です。昔から手作り柿の葉茶の作り方をご紹介します

家庭でできる柿の葉茶の作り方

家庭でできる柿の葉茶の作り方

■柿の葉茶の作り方をご紹介します。
厳密には柿茶の作り方とは少し違いますが昔からの作り方ですので参考になると思います。

●無農薬の柿の葉を使用してください。これが一番大事です。

●昔の家なら庭に一本はあると思いますのでそれを使います。
また柿の実を取っていない木をオススメします。

●柿の葉は7月から8月までの柿の葉を使用します。
元気な木からできる葉が一番いいです。

柿の葉は甘がき、渋柿どちらでもかまいません。

柿の葉を収穫。晴天ならば2日間陰干しします。

葉脈をとり包丁で3mm程度にきざみます。
※葉が大きい場合は葉脈も大きいです。太い葉脈は取り除きます。

なべにお湯を沸かし、セイロをのせてあたためます。

柿の葉を入れ1分半蒸します。

フタをあけうちわで扇ぎ葉にたまった水滴を蒸発させます。

竹のざるにあけて日陰で乾かします。

完全に乾かして、密閉できる茶筒に保存します。
※空気と光が遮断できる容器がおすすめ栄養を逃がしません。


■柿の葉煮汁のつくり方

①柿の葉煮汁も柿茶と同じように柿の葉を陰乾しにして、葉脈を切り取りこれを横にして3mm位に刻みます。

②大き目のなべに2Lのお湯を沸騰させて、この中に柿の葉を100枚入れ、手早くかきまわして、フタをし3分間煮出します。

③すぐに火からおろして、なべの外から冷水で冷やします。冷えるとガーゼ3枚で数回こします。

④光を通しにくい瓶または容器に入れ保管します。

■商品紹介

柿の葉茶 商品はこちらから
四国産・柿の葉茶「柿茶」 ほんのり甘く飲みやすい
ノンカフェインで農薬不使用


食後の血糖値抑制効果の報告

柿タンニンによるウイルスの不活化の報告

二日酔いの予防防止効果の報告

カテゴリー: 柿茶・柿の葉茶 | タグ: , , , , , | 2件のコメント

スイマグを飲んでも効果の出ない方【効果の出る飲み方です】

suimaguace
スイマグを飲んでも効果の出ない方はいませんか?
効果の出やすい飲み方をご紹介します。

便秘の方に多いのは、水分を多く取らない方。
まず水、柿茶でもいいのですが水分を多く取ることをお勧めします。

それでも出にくい、出ないい方はプチ断食(ファスティング)を少し取り入れてみるのもいいと思います。

プチ断食なので丸一日食べないのではなく、例えば朝食を抜いたりして1日3食の内の1食を抜いてみるのも方法です。そうするとお腹が空きます。お腹を空かしてください。

お腹を空かせると腸が動きやすくなります。

これは以前ブログの中でも取り上げたのですが、腸内の繊毛運動が活発になり腸自体が動きやすくなるのです。

出にくい方は是非一度お試しください。

また朝昼夜と習慣的に食事を取っている方は、お腹がすいてから食事を取るのも便秘を治す1つの方法です。
これは私の経験上ですが習慣的に食べるのではなくお腹が空いてから食べると便秘知らずです。

プチ断食の方法もたくさんあるので次回書きます。


→スイマグの購入はこちらからどうぞ

カテゴリー: スイマグ | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

飲みやすいスイマグの飲み方を紹介します。

今回はスイマグの飲み方について書きます。

初めてスイマグを飲む時、どうも臭いが気になるという方はいませんか?
しかし便秘はつらい、飲むとお通じが良くなるので飲むという方も多いと思います。

私は小さいときからこの商品が家にあって、断食をした時飲みました
(と言うより小学生だったので飲まされた・・・)という記憶があります。

どうもその頃からスイマグを飲むのが苦手で、表示通り水に薄めて飲むのは苦手です。
はっきり言って・・・。

私がスイマグを飲むときは暴飲暴食の後や外食が続く、また出張時に便秘になりやすいですのでそんな時に飲みます。

飲み方は簡単キャップに分量を計り、口に入れて水で流し込む(笑)大量に飲みます。

そんなのきついと言う方もおられると思いますが、私は水に薄めて飲んだ時の鼻に抜ける臭いが気になるので、

この方法が私には合っています。

お客様のコメントを読んでいるとそんなに飲みにくくないように書かれている方もいますが、私と同じように気になる方はこの方法をお勧めします。

またもう一つは乳酸飲料と混ぜる方法です。
表的にはカルピスですね。あとはヤクルトです。水で薄めるのであれば、カルピスが使いやすいですね。

まずコップにスイマグをキャップ一杯(16ml)分入れます。そこに希釈用カルピス

原液を入れ、5倍の水で薄めます。おそるおそる飲んでみたのですが、おいしいです!
カルピスの甘い匂いで味もカルピスそのもの、全然気にならなかったです!
これはいいです。
皆さんも試してみてください!

次回はカルピスウオーターで飲んでみて報告します。

→スイマグのご購入はこちらからどうぞ

カテゴリー: スイマグ | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

柿茶畑の近く徳島県三好市の休耕田再生事業に参加してきました。

 

柿茶の産地に近くに三好市というところがあります。

大きな地図で見る

そこに休耕田を開拓して地元の活性と地元若者が地元で農業ができるように

働きかけている団体があります。

「ルネサンスの会」

今回はそこにお邪魔して休耕田開拓のお手伝いをしてきました。

●「菜の花で資源循環型社会つくり」

耕作放棄地を再生して菜種を栽培、収穫した菜種から食用油を作り、給食や地域の飲食店で利用しています。また、廃油は回収してディーゼル燃料に精製、農機などの燃料に使用することでCO2の排出を削減する取り組みをしています。

http://www.pref.tokushima.jp/kankyo/issonippin/torikumi/0001017.html

●黒沢湿原の花づくり

池田町黒沢湿原に自生する絶滅危惧種のサギソウの移植、管理をしており

地元三好高校がバイオで作ったサギソウの苗を使っています。

http://www.awanavi.jp/article/0000747.html

過疎化・高齢化によって農作業が従来のように出来なくなった田畑の開墾を

広く町外からサポーターを受け入れているそうです。

今日は昔田んぼだった棚田の再生。

 

?

総勢三十人あまりのボランティアの方たちが集まり開墾しました。
この棚田にマコモを植えていこうということで整地と草木の根抜き、畔づくりなど。

木の根や雑草を抜き水を入れていきます。

ボランティアの皆さんと記念撮影

終わった後の昼食は竹をくりぬきその中にお米を入れ焼いて作る竹ご飯

さらに手作りの石釜でや焼いたピザ

後は朝どれ地元野菜のポトフでした。どれも手作り素朴な味!もちろん作業の後か自然の中での食事はやはり格別です!
今後はこの田んぼに水を張りマコモの苗を植えて秋には収穫ができるそうです。

現在弊社と「ルネサンスの会」で農業体験、里山体験ツアーを企画しようと考えています。春、夏、秋、冬と色々な作物収穫や山菜、きのこ狩りから収穫際まで様々な体験をしていただこうと思います。

カテゴリー: 産地情報 | タグ: , , , | コメントをどうぞ