NPO法人健康を考えるつどい講演会のお知らせ(2014年5月17日)


健康を考えるつどい講演会2014

健康を考えるつどい講演会のお知らせ

日時:2014年5月17日(土)
場所:坂出市民ホール 坂出市京町2-1-13
℡ :0877-45-1505
聴講料:前売り1,000円 当日1500円 ※学生無料

お申し込み方法:NPO法人健康を考えるつどいまでご連絡ください。※電話予約受け付けます。または下記口座へお振込みください。
当日振込用紙を受付にてチケットと交換します。
(振込手数料はお客様負担でお願いします。)

講師紹介
西島洋一先生
にしじまよういち/1935年生まれ。京大経卒・横国大工卒 千代田化工建設(株)を経て愛知学院大学教授。79歳

演題 世界遺産旅紀行‐50ヶ国の世界遺産60箇所を訪ね歩く‐

環境専門家の元愛知学院大学教授・元千代田化工建設(株)の西嶋洋一氏が仕事の傍ら50年間に世界遺産60ヶ所へ出掛けた旅紀行を紹介する。

千代田化工建設(株)は世界5指に入るプラントメーカーで中東はじめLNG等エネルギーップラントの実績が多い。

西嶋氏はアラビア駐在している。氏は環境ISOの専門家として世界を飛び歩き、坂出健康会館のISOシステム構築の指導を行った。

永年の激務に耐え健康維持を出来たのが旅紀行成立の秘策。


坂出市立病院 副院長 外科 医学博士
岡田節雄 先生

おかだせつお/1958年、香川県観音寺市生まれ。三重大学医学部卒業。医学博士。主に消化器外科に従事。香川大学医学部消化器外科講師を経て、坂出市立病院診療部長、後に副院長。学会の認定資格として日本外科学会指導医・専門医・認定医。日本消化器外科学会指導医・専門医・認定医、消化器癌化学療法認定医。日本肝胆膵外科学会評議員・名誉指導医。日本消化器内視鏡学会専門医。麻酔標榜医。

演題 “癌を知る” ―癌が生まれて約100年―
現在、人の死亡原因の第1位は悪性疾患、いわゆる“癌”であります。

我が国においても年間約36万人(H23年統計)もの日本人が癌で亡くなっております。毎日毎日約1000人の日本人が癌で亡くなっている計算になります。

大変恐ろしい病気ですが、その存在の歴史は約100年程度しかありません。しかしこの間、医学・医療は急速に進歩し、癌に対する知識や病態、原因から治療まで目覚しい進歩を遂げています。

今回の講演では、癌の発生に関する事、統計的データ、進行度別での経過の差異、その原因因子、いかなるプロセスで癌が発育してしまうのか等の基本的見地に始まり、私どもが経験した各種癌の実例紹介、癌の恐ろしさ、最近の動向等をお話します。

更に癌治療においては、3大治療となる外科的手術治療、抗癌剤治療、放射線治療を、最近の進歩や変遷、最先端の情報を一部紹介致します。

また、近年話題の再生医療に関して、何故この医療が大切なのか、何故困難なのかを踏まえ、癌治療と関連付けながら今後の展望もお話しします。

広く市民の皆様がこの恐ろしい「“癌”を知る」ことで、少しでも健康な生活に寄与出来る事を祈念して講演させて頂きます。


駐車場:
坂出合同庁舎駐車場・坂出商工会議所北川駐車場
満車の場合は近隣の有料駐車場をご利用ください。


カテゴリー: ご案内   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。