健康情報 By 豊岡倫郎 氏

恐ろしい活性酸素の害 By 豊岡 倫郎 氏 2024年2月28日

我々人間は呼吸することによって、酸素を体内に取り入れている。この酸素が無いと、
数分で死んでしまう位、身体に必要不可欠なものである。この酸素は体内の血液の中
に入ると、栄養素を分解して、エネルギーに変えて、生命活動が維持されている。
ところがその過程において、一部が活性酸素というものに変化してしまう。
ところが我々の住む生活環境の中で、体内の活性酸素を増やす事が多い事に気が
付かない。また活性酸素の害がいかに恐ろしいか認識してほしい。

20240228-105945

1、活性酸素とは何か

酸素は体内でエネルギーを作り出す代謝過程において、分子構造の電子が一個欠けた
不安定な状態になる ために、近くの物質とすぐ結合しようとする非常に酸化力の
強い物質に変わる。これを活性酸素と呼んでいる。活性酸素には、体内に入ってきた
バイ菌や有毒物質を殺菌したり、取り除くという重要な働きを果たしている。

一方体内に必要以上に過剰に発生すると、非常に酸化力が強いために、身体の細胞を
傷つけ、蝕んでゆき、ガンや動脈硬化など様々な疾病の原因になっている。
一般に病気の90%以上は活性酸素が間接的、直接的原因となっていると言われている。

2、活性酸素の発生因子

何故体内で活性酸素が過剰に発生するようになったのだろうか。その原因を列挙すると。

1)お酒を飲むと活性酸素が増える。アルコールを分解したときに副産物として生まれる
アセトアルデヒドを処理するときに活性酸素が発生する。

2)宿便・便秘があると活性酸素が発生する。腸内に各種有害毒素が生まれて、その異物
を処理する段階で活性酸素が発生する。

3)ストレスが活性酸素を発生させる。ストレスを感じると白血球の中の顆粒球が増えるが、
役割を果たして消滅するときに活性酸素が発生する。

4)その他太陽の紫外線、放射線を浴びる、激しい運動する、電磁波を受けるなど。

5)食品添加物や農薬や殺虫剤などの体内取り入れ、排気ガスや煤煙の吸引、喫煙、
クスリの服用、スナック菓子、魚の干物、即席ラーメン、マーガリンなどの摂取、
睡眠不足など。

6)血管の塞栓から血流開始したとき。例えば血管が詰まり血液の流れが悪くなり、
酸素の供給が無いときにキサンチンオキシターゼという酵素が血管中に増えて、
活性酸素を発生する。

3、活性酸素が病気を導く構図とは

毎日肉、魚や揚げ物を摂りすぎると、その中に含まれている脂質が体内の活性酸素
の影響を受けて、過酸化脂質になる。また体内のコレステロールや中性脂肪も
活性酸素によって、過酸化脂質に変わる。即ち 活性酸素+脂質=過酸化脂質

この過酸化脂質はくせもので血管の壁に付着して動脈硬化を起こす。また血管の壁を
脆くしたり、細い血管での血流を妨害したり、ストップさせたり、血管が破れたりする。
この様な血管の病変が、脳で起きると脳卒中であり、心臓で起きると、心筋梗塞である。

更に体内の臓器や細胞の中に浸透して行き、傷つけ、破壊して、いろいろな疾病を招く。 

4、活性酸素が招く主な病気とは

丹羽靱負博士著「激増活性酸素が死を招く」によれば、動脈硬化、ガン、糖尿病、
脳卒中、心筋梗塞、白内障、肝炎、シミ、ソバカス、シワ、白血病、膠原病、
アトピー症など病気の約90%が直接或いは間接的に活性酸素によって引き起こされて
いるという。

なお丹羽靱負(にわゆきえ)博士はS37年京都大学医学部卒、医学博士、土佐丹羽
クリニック院長。SODの研究を世界的に早くから手掛けてこの分野の権威である。
臨床家として長年従事し論文も多数発表している。また自身でSOD様作用食品製剤を
自然の植物・穀物から開発しリューマチ、アトピー性皮膚炎などの治療に効果を上げた。
昨年10月逝去。
 

5、活性酸素から身を守るには

実は体内では、活性酸素から身を守るために、防御物質が作られている。
それはSOD(スーパー・オキサイドディスムターゼ)という酵素が活性酸素を除去して
くれている。しかし体内にあるこの酵素も四十歳を過ぎると、誰でも急激に減ってくる。
だから日頃から健康的な生活態度を守ることが肝要である。前述したような活性酸素を
多量に発生させる事は慎むべきである。もう一つの対策は、毎日の食事から抗酸化物質
の多く含まれている食品を摂取することである。例えばビタミンΑ、Β、C、Eや葉酸の
含まれている食品、酵素の含まれている食品、ミネラルの豊富な食品、それからフラボノイド、
ポリフェノール、アントシアニン、ピコリンなどの含くまれている抗酸化食品などである。
食品名を挙げれば、玄米、小麦胚芽、大豆製品、黒ごま、トマト、ニンジン、タマネギ、
ブロッコリー、緑黄色野菜、生野菜、果物、海草類、柿の葉茶などである

6、SOD様作用食品とは

丹羽靱負(にわゆきえ)博士が世界的に早く研究し、SOD様作用食品を自然の植物・
穀物、ハトムギ、小麦胚芽、ゴマ、米ぬか、大豆,葉緑物質等を独自の焙煎、発酵、
加熱によって開発した。特徴は化学製剤でなく、自然界にある素材を使用していることである。
また低分子化して、胃で
吸収されやいこと。その働きは、体内の活性酸素を除去する酵素で、
抗酸化力が強く、すでに体内に過酸化脂質として細胞膜に、血管内部に浸み込んだのを溶かして
出す作用もある。
丹羽博士は世界の免疫学会、リュウマチ学会などで、その成果を発表して、
世界的に大きな反響を呼んだ。

7、身体が酸化する(サビる)ことを酸化ストレスと呼ぶ。

これは活性酸素が過剰に発生して、体がサビついた状態のことを言う。文明の発達と共に
我々を取り巻く生活環境がだんだん自然から乖離してきて、食生活も乱れて、食品添加物
や農薬にまみれた加工食品を口にすることが多くなった。そして精神的ストレスも増えてきた。
こんな状態が今後益々エスカレートして行けば、体内での活性酸素の生成量は益々増えて、
体はサビだらけとなってしまう。もともと活性酸素は、外的から身を守る重要な役割を
果たしていたがものが、我々自身の体を攻撃して来て、身を滅ぼす羽目に陥ることになる。
正に、「身から出たサビ」とはこの事を指す。
    

8、まとめ

1)知らず知らずに日常生活の中に、活性酸素を発生させている事が何と多い事か。
その中でもトップ3は、飲酒、ストレス、宿便ではなかろうか? .

2)最近話題になっている慢性炎症がある。腸内環境悪化による腸モレによって慢性炎症は
ガン発症の原因と最近言われ出した。これも活性酸素を生み出すと云われいる。

3)なお丹羽SOD様食品の購入先は丹羽SOD健康社・電話0120-119-287

おわり

関連記事

  1. ▼【NPO法人健康を考えるつどいブログ】

    スーパ免疫力

    Dr.ジョエル・ファーマン著、白澤 卓二訳全米話題の大ベストセラー…

  2. ▼【NPO法人健康を考えるつどいブログ】

    マイウエイ協会

    NPO法人マイウエイ協会から本が届きました。この協会理事で医師の安達昌…

  3. ▼【NPO法人健康を考えるつどいブログ】

    御谷騒動・古都鎌倉の風致保存と世界遺産登録

    dふNPO法人健康を考えるつどいの会員・西嶋 洋一先生が執筆された、「…

  4. ▼【NPO法人健康を考えるつどいブログ】

    オカリナを楽しむ

    オカリナコンサート開催のお知らせ。「ワンコイン・ロビーコンサート …

  5. 講演会・合宿・旅行

    第5回健康を求めて 夏期健康合宿のご案内

    平素は、NPO法人健康を考えるつどい主催の健康講演会や研修会活動に、ご…

まずはおためし

facebook

PAGE TOP