▼【NPO法人健康を考えるつどいブログ】

スクールの声(その2)-自彊術

自彊術体操で健康に!

坂出市江尻町の「健康会館」で月二回、自彊術体操に通っています。講師は「佐野典子」先生で、倉敷からわざわぎ坂出まで通って来られています。「彊」の字は「強」の字と同じ意味で、自身の身体を強くする体操のようです。加齢で弱っていく筋カアップにつながります。また日常生活で、知らず知らずに悪くなっている姿勢が矯正され、骨や内臓にとてもいい働きがあると思います。一番いいことは、呼吸法ではないでしょうか。あまり運動などしていないので、普段浅い呼吸しかしていないことに気づかされます。それが自彊術をすると、大切な肺機能が高まり、身体に自信がついてきます。結構きつい運動も後半ありますが、無理なことをしないでいい、というのもこの自彊術の良いところではないしょうか。

いつまで続くかと、半信半疑で始めましたが、毎回楽しく参加でき、気が付くともう三年近くなります。佐野先生の熱心な指導によるものでしょう。この間、仲間もどんどん増えてきました。市民ホールで、実践をして見せた後など、是非やってみたいと参加してくる人など、うれしいかぎりです。

月二回でなくて、家で朝夕二回実践するよう指導されていますが、なかなかできないので、端折ってやっています。

自彊術が坂出の地で発祥してからもう問もなく100年を迎えるそうです。その頃までに当地で100人の会員を目指しているそうです。多くの参加者を待っています。

みよし やすお

 

関連記事

  1. ▼【NPO法人健康を考えるつどいブログ】

    健康への道しるべ 第126号 のご紹介

    健康への道しるべ 第126号 心と体の健康生活 平成29年4月25日発…

  2. ▼【NPO法人健康を考えるつどいブログ】

    健康への道しるべ 第114号

    健康への道しるべ友の会が発行する新聞のご紹介。平成27年3月25日発…

  3. ▼【NPO法人健康を考えるつどいブログ】

    だんだん良くなるムラタの体操 ㉕

    NPO法人 明日の健康を考える会が発行する機関誌『医食同源』2018年…

  4. ▼【NPO法人健康を考えるつどいブログ】

    絵手紙ギャラリー

    2012年4月02日 四国新聞の「絵手紙ギャラリー」に柿茶®スクールで…

まずはおためし

facebook

PAGE TOP