未分類

ビタミンCの効用【コラーゲンを合成し、血管、皮膚、粘膜、骨を強くする】


 

■ビタミンC の効用
コラーゲンを合成し、血管、皮膚、粘膜、骨を強くする
抗酸化作用、抗がん作用、抗ウイルス作用、解毒作用

■コラーゲンでからだを強化
ビタミンCはコラーゲンの生成に不可欠です。
コラーゲンは細胞の接着剤として丈夫な血管、各種器官、筋肉をつくります。コラーゲンが細胞をしっかり固めれば、風邪のウイルスも簡単に侵入できません 。
またビタミンCが不足すると肌の張りが失われ、風邪をひきやすく、病気になりやすい体になります。
またメラニン色素の生成を抑えるたり、ヘモグロビンの合成も助ける

■免疫力を高める
ビタミンCが風邪にいい理由は、免疫力の強化です。
ウイルスを迎え撃つ白血球のはたらきを強化したり、自らもウイルスに攻撃をします。
免疫力が高まれば、風邪をひきにくく、回復力も早まります。

■注目の抗がん作用
ビタミンCは、細胞に強力なコラーゲンの網をはりめぐらせて、がんを防ぎます。さらに、胃がんや肝臓がんをひきおこす発がん物質ニトロソアミンの生成を抑制します。また、抗がん剤として知られるインターフェロンは、もともとは人の体内でつくられるものですが、この生成もビタミンCが働いています。

■コレステロールを下げる
ビタミンCにはコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化を予防する働きがあります。

■鉄の吸収を助ける
鉄とビタミンCを一緒に摂取すると、吸収率をアップさせることができます。

【効果的なとり方】
2~3時間で体の外に排泄されるので、頻繁に取ることが重要です。
過剰症の心配はありませんがビタミン剤で1日に10 g以上ものCをとると、下痢や嘔吐をすることがあります。健康のために多くとる場合は、徐々に量を増やしてゆきます。

美容と健康に柿茶

 

 


関連記事

  1. 未分類

    健康法あれこれ

    柿茶本舗の前田です。今日は、最近テレビや新聞・雑誌などでやたら目につく…

  2. 未分類

    粘膜を強くしてアレルギーを予防(花粉症・アトピー)

    ■腸内環境悪化がアレルギーの原因花粉症の人が2000万人、アトピー…

  3. 未分類

    シミの場所から分かる体の健康状態①

    「肌は内臓の鏡」という言葉があります。体内の臓器や器官に不調がある…

  4. 未分類

    アントシアニンの効用【目の機能を回復、血圧上昇抑制や肝機能改善など】

    ■アントシアニンの効用血圧の上昇を抑える毛細血管を守る…

  5. 未分類

    【ポリフェノールの効用】体をサビから守る抗酸化作用が特徴

    ■ポリフェノールの効用疲れ目・視力回復 (アントシアニン)…

  6. 未分類

    【朝日米の玄米の炊き方】ミネラル豊富・食物繊維の豊富

    【おいしい玄米の炊き方】ミネラル豊富・食物繊維の豊富な朝日米の玄米…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まずはおためし

facebook

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
  1. 柿茶・柿の葉茶

    柿タンニンによるウイルスの不活化の報告
  2. 柿茶・柿の葉茶

    柿の葉収穫の話
  3. 読み物

    健康へのトビラ2013秋号(健康情報誌)創刊のお知らせです。
  4. 柿茶健康通信

    自分でできる花粉症対策【花粉症のしくみと簡単な対処法とコツ】
  5. 取扱店情報

    熊本市の山田整骨院
PAGE TOP