柿茶健康通信

免疫力を上げる方法



1.免疫力と年齢

免疫力の強さを年齢別に示した上の図のように、20歳をピークにして、下降してゆき加齢と共に、色々な疾患に罹患する率も高くなります。


参照:NIKKEI STYLE

2、免疫とは
人体には外部から侵入する有害な細菌やウイルス、花粉、化学物質などの有害物質及び体内で発生するがん細胞や腸の腐敗便からでる異質な有害物質などの異物から身を守る防御システムです。

免疫には2種類あり、生まれつき備わっている免疫を自然免役といい、出生後に細菌や異物などに接すると対抗してできる免疫を獲得または適応免疫といいます。
同じ異物が2度目に体内に入った時はリンパ球が記憶していて、やっつけてくれる。予防接種はこの働きを応用しています。

3、免疫力が低下する原因

  • 加齢と共に免疫細胞の産生を担当している胸腺、脾臓、肝臓、腎臓、小腸等の機能低下。
  • 便秘、腸内環境の悪化、即ち悪玉菌が増え、善玉菌の減少
  • ストレスによって自律神経の交感神経と副交感神経とのバランスが崩れて免疫力低下。
  • 生活環境の悪化によって、有害化学物質の体内吸収。
  • 高脂肪、高タンパク食の過食
  • 甘いもの取りすぎ、喫煙、過飲酒。
  • 睡眠不足。
  • 運動不足による血行不良。
  • 低体温
  • 血液やリンパ液などの体液のアルカリ性と酸性の不均衡。
  • 過労、食品添加物、服薬等による活性酸素の増加など。


4、免疫力を上げる食事

  • 食品添加物の多い加工食品は摂らない。
  • 食生活腸内環境を悪くする食事宿便や便秘の原因となる過食をしない。小魚、大豆、ゴマ、海藻、生野菜ジュース、玄米食中心の少食にする。
  • 野菜や柿茶から、風邪に強いビタミンCを摂る。発酵食品や抗酸化食品、食物繊維

関連記事

  1. 柿茶健康通信

    梅雨時期に起こりやすい体調の変化 【梅雨の体調管理方法】

    ■梅雨時期に起こりやすい体調の変化梅雨時期は雨が降ると…

  2. 手当て法

    芋湿布(里芋パスタ)の作り方

    自分でできる芋湿布の作り方・打ち身、捻挫、リウマチ、神経痛などの炎症・…

  3. 柿茶健康通信

    柿の葉寿司についてのお話

    柿茶本舗の三好です。今日は、柿の葉寿司についてのお話しです。…

  4. 柿茶健康通信

    糖分を減らしてアンチエイジング

    体の糖化がアンチエイジングに関係しているという新聞の記事がありましたの…

  5. 柿茶健康通信

    体幹トレーニングで腰痛防止!腰痛防止お腹も元気に なります。

    体幹とは人間のカラダでいうと胴体、分かり安くいうと腹筋周り、背筋、お腹…

  6. 柿茶健康通信

    柿の葉のお茶、その多彩な効用

    カキの実と葉カキは日本や、中国、韓国など アジアで広く自生…

まずはおためし

facebook

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. 臨床試験

    機能性表示食品制度が4月1日よりスタート
  2. お知らせ

    柿茶農家さん達の秋祭りの様子が徳島新聞に掲載されました。
  3. 木枕

    木枕Q&A・選び方・使い方・良くある質問
  4. 柿茶・柿の葉茶

    柿茶畑で栗拾いしてきました。
  5. 柿茶・柿の葉茶 作り方

    柿茶・柿の葉茶

    柿茶本舗直伝、家庭でできる柿の葉茶の作り方。昔から手作り柿の葉茶の作り方をご紹介…
PAGE TOP