月別アーカイブ: 12月 2015

年末年始お休みのお知らせ


年末年始お休みのお知らせ

12月29日~1月3日はお休みさせていただきます。
※28日16時までにご注文の商品は年内発送可能です。

お問い合わせのご返信、ご注文の発送については
1月4日より順次対応させていただきます。

宜しくお願いいたします。

 

カテゴリー: ご案内 | 年末年始お休みのお知らせ はコメントを受け付けていません。

簡単冷え性対策【食べ物・運動・湯たんぽで改善】

冷え性

冷え性の原因は?血流不足が主な原因の一つだと言われています。
女性の約7割以上の方が冷え性だと言われており、寝る前に足が冷たくなります。

食べすぎや飲みすぎによる便秘も原因の一つ、便秘に方は冷え性が多いです。
またストレスや自律神経バランスの乱れ、ホルモンバランスの乱れもカラダ
を冷やしてしまう原因になります。


■冷え性の原因を食べもので改善

冷え性に効果があるカラダを温める食べ物

鶏肉、牛肉、羊肉、チーズ、魚介類(甲殻類を除く)
そば、ヒエ、アワ、山芋、南瓜、ごぼう、大蒜、人参、
レンコン、生姜、にら、しそ

この食材を組み合わせた食事をしていけば冷え症改善にもなります。

また柿の葉含まれるビタミンE、B1や鉄分には身体を温める作用
をするものも有りますからお勧めします。

 

■冷え性も解消!「湯たんぽ」の効果的な使い方?

寝るときにカラダを温める一番いい使い方は肝臓を温めることです。
※肝臓の位置は右わき腹、右の胸の下あたりです。

肝臓なカラダの中でも筋肉の次に熱を作るところなので肝臓
を温めると温められた血液が全身を回りカラダ全体が温かくなります。

その他にも体の筋肉の大きなところ(おなか、太もも腰、二の腕など)
を温めます。

筋肉の大きなところには太い血管があります。そこを温めると血管が
広がり冷えた手足にまで血流にのって熱が運ばれ、冷え性も解消です。

 

■簡単スレッチ方法で疲れ知らず・冷え知らず

1.一番簡単なストレッチは座って足を前に伸ばし前屈。
これによって太ももの裏側、お尻、背中の筋肉を伸ばすことができます。

首の周りは右手を後頭部に置き左前に押し下げて首の周りの筋肉を
伸ばします。反対側は逆の手で同じ用にします。

2.お風呂上り・入浴中にストレッチ!
風呂上りや入浴中はカラダが温まっておりすでに血行が良くなっています。
ストレッチにはとても適した状態です

基本的には痛いけども気持ちいいところで止めてだいたい
10秒~20秒程度そのままで伸ばすのが効果的です。

お風呂上りに毎日ストレッチをすれば筋肉もかなりほぐれてきます。

ストレッチは筋肉が柔らかくなり血行もよくなります。
肩こりも解消!冷え性対策老化防止にも効果的。

 

カテゴリー: 美容と健康, 柿茶健康通信 | 簡単冷え性対策【食べ物・運動・湯たんぽで改善】 はコメントを受け付けていません。

スイマグ・マリンマグ販売終了並びにスイマグエース新発売のお知らせです。

皆様に親しんでいただいておりましたスイマグ・マリンマグですが、この度、2015年12月末を持ちまして製造及び販売終了の連絡がメーカーよりありました。

長年のわたるご愛顧に対し、あらためて厚く御礼申し上げます。

スイマグに代わりまして飲みやすさが向上した「スイマグエース800円(税別)」が発売となっております。

原料も酸化マグネシウムから水酸化マグネシウムに変更となります。

また2015年1月からは、「スイマグエース」と「マリンマグエース」のみの販売になり、
マリンマグエースは2016年1月より、1000円(税別)→1100円(税別)に変更となります。

これまで御愛顧を頂いたお客様には、ご不便お掛けいたしますが、何卒御理解を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。今後とも変らぬお引き立ての程、何卒宜しくお願い致します。


●スイマグエース新発売のお知らせ

スイマグをもっと飲みやすさが向上した「スイマグエース」発売します。
原料が酸化マグネシウムから水酸化マグネシウムに変更となっております。
スイマグエース 800円(税別)

imgrc00661065

●マリンマグエース価格改定のお知らせ
マリンンマグエースは2016年1月より 1000円(税別)→1100円(税別)に変更になります。

スイマグ購入はこちら  2015年12月末で:販売終了

マリンマグ購入はこちら  2015年12月末で:販売終了

※弊社の在庫がなくなり次第販売が終了となります。

カテゴリー: スイマグ | スイマグ・マリンマグ販売終了並びにスイマグエース新発売のお知らせです。 はコメントを受け付けていません。

年末年始の上手な食欲コントロール方法 

bounenkai

年末年始は何かと集まる機会が多くどうしても食べすぎ、
飲みすぎなどカラダに負担がかかる時期です。
そんな時にこそ上手く食欲をコントロールしたいものです。

■【食欲と満腹の関係】

食欲は脳にある満腹中枢、摂食中枢がをコントロールしています。

血糖値が上昇すると満腹中枢が反応し満腹感がおこります。

反対に、血糖値が減少することによって摂食中枢が反応し食欲がでてきます。

胃が伸びたり縮んだりしても同じようになり、食べ物の色、香などの
感覚的なものからでも食欲がでてきたりり食欲が抑えられたりします。


■【ストレスは暴飲暴食のもと】

食欲がでてしまう理由はストレスにも大きく関係してきます。

満たされないものが多くあるとそのストレス発散で食べてしまうことがあります。

特に甘いものを食べるとセロロニンといわれる「安らぎ」を与えてくれるホルモン
がでて主に精神を安定させる働きをしてくれます。

気分転換にゆっくりお風呂に入ったり運動して汗をかいたりすることもリラックス
して食欲を抑えることができます。

寒くなるとカラダの代謝も悪くなりがち寒い時こそ汗をかきましょう。


■【食欲コントロール方法?】

1.一番の方法は、早食いをせずにゆっくりよく噛んで食べる。

※血糖値は食べだしてから約15分~20分で上昇してきます。
満腹中枢が働く前にいっきに食べると必要以上に食べてしまします。

2.普段からの規則正しい食生活が大事です。

3.腹八分目でストップ!
満腹になるまで食べると幸せを感じると思いますが、
しかし昔から「腹八分目」というようにカラダにはお腹イッパイは
よくないと言われています。

 

カテゴリー: 柿茶健康通信 | タグ: , , | コメントをどうぞ