タグ別アーカイブ: 柿の葉茶飲み方

柿茶本舗直伝、家庭でできる柿の葉茶の作り方。昔から手作り柿の葉茶の作り方をご紹介します

家庭でできる柿の葉茶の作り方

 

■柿の葉茶の作り方をご紹介します。
厳密には柿茶の作り方とは少し違いますが昔からの作り方ですので参考になると思います。

●無農薬の柿の葉を使用してください。これが一番大事です。

●昔の家なら庭に一本はあると思いますのでそれを使います。
また柿の実を取っていない木をオススメします。

●柿の葉は7月から8月までの柿の葉を使用します。
元気な木からできる葉が一番いいです。

柿の葉は甘がき、渋柿どちらでもかまいません。

柿の葉を収穫。晴天ならば2日間陰干しします。

葉脈をとり包丁で3mm程度にきざみます。
※葉が大きい場合は葉脈も大きいです。太い葉脈は取り除きます。

なべにお湯を沸かし、セイロをのせてあたためます。

柿の葉を入れ1分半蒸します。

フタをあけうちわで扇ぎ葉にたまった水滴を蒸発させます。

竹のざるにあけて日陰で乾かします。

完全に乾かして、密閉できる茶筒に保存します。
※空気と光が遮断できる容器がおすすめ栄養を逃がしません。


■柿の葉煮汁のつくり方

①柿の葉煮汁も柿茶と同じように柿の葉を陰乾しにして、葉脈を切り取りこれを横にして3mm位に刻みます。

②大き目のなべに2Lのお湯を沸騰させて、この中に柿の葉を100枚入れ、手早くかきまわして、フタをし3分間煮出します。

③すぐに火からおろして、なべの外から冷水で冷やします。冷えるとガーゼ3枚で数回こします。

④光を通しにくい瓶または容器に入れ保管します。

■柿茶本舗がご提供する柿茶

ご自宅で作った柿の葉茶と、当店自慢の柿茶の味と飲み比べてみるのも楽しいかもしれません。ぜひお試し下さいませ。妊婦さんにも赤ちゃんにも安心して飲んで頂ける、四国産・柿の葉茶「柿茶」はほんのり甘く飲みやすく、ノンカフェインで農薬不使用。いまなら約12リットル分が1,080円(送料無料)でお試しいただけます。



食後の血糖値抑制効果の報告

柿タンニンによるウイルスの不活化の報告

二日酔いの予防防止効果の報告

カテゴリー: 柿茶・柿の葉茶 | タグ: , , , , , | 2件のコメント