柿茶健康通信

糖分を減らしてアンチエイジング


体の糖化がアンチエイジングに関係しているという新聞の記事がありましたのでリンクを貼っておきます。
過剰な糖質が引き起こす「糖化」について(日本経済新聞記事)



※下記要約

老化促進の要因として最近、注目が集まっているのが、「糖化」と呼ばれる現象。

糖の取り過ぎが、肌のくすみから動脈硬化や骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、ED(勃起不全)、そして認知症までも引き起こすといわている

糖化とは、体内のたんぱく質や脂質と糖とが結びつき、変性すること。
「筋肉や血管などの人の体の大部分は、たんぱく質からできています。

これを変質、老化させる犯人が糖質。食事で糖を取り過ぎると、エネルギー源として代謝されずにたんぱく質と結合し、老化が加速してしまうのです。

たんぱく質と糖質とが結合すると、AGEs(終末糖化産物)という褐色の老化物質ができる。

体内の「糖化現象」は、まず血中で起こる。

糖を取り過ぎると、血中に余分な糖が増え、赤血球のたんぱく質・ヘモグロビンと結合し、AGEsが発生する。糖化したヘモグロビンは全身に酸素を運ぶ役割を果たせなくなり、体中の細胞が低酸素状態に陥って、新陳代謝が低下していく。

これが進むと、体内のあらゆる部位にあるたんぱく質の一種、コラーゲンにAGEsが発生する。すると血管の内側が傷つき動脈硬化になり、ひいては心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞の原因に。また、毛細血管が詰まりやすくなるので、ED、糖尿病網膜症、脳なら認知症にもつながる。さらに骨にも大量のコラーゲンがあるので、骨粗鬆症の原因になる…と、全身の病気に「糖化」は関わるのだ。

肌のくすみ、たるみやシワも、肌の表皮の下にたまったAGEsが起こす。「肌の色が茶色っぽくくすむのは、褐色のAGEsが皮膚にある証拠です。

【血中でヘモグロビンが「糖化」すると… → 全身が老化する】

●肌がくすみ、弾力がなくなる
●血管が傷んでくる
●太りやすくなる
●動脈硬化が進む
●認知症になりやすくなる
●がんになりやすくなる

糖化を防ぐには、食後血糖値を急上昇させない習慣が肝要。
野菜→タンパク質→主食の順に食べる「ベジファースト」などを積極的に実践しよう。

同時に、糖化を抑制する働きのある食材も取りたい。糖化抑制作用があると判明したのは、

モロヘイヤ、フキノトウ、新ショウガ、たで、ブロッコリースプラウトといった野菜や、ハッサクやマンゴスチンなどの果物、栗の渋皮など。甘く、口当たりのいいものより、苦みや渋み、酸味の強いものが多い

ドクダミ茶や柿の葉茶など、9種類の健康茶にも糖化を抑える作用があるそうだ。
甘い清涼飲料水を飲んでいるなら、すぐに健康茶に切り替えよう。

 


関連記事

  1. 柿茶健康通信

    キレイの秘密

    内側からもキレイ!!!を目指す、柿茶本舗の中野です。今日はスズキジ…

  2. 柿茶・柿の葉茶

    柿の葉とポリフェノール

    毎日の美容と健康のために、自然の栄養たっぷり、ミネラル、ビタミンも豊富…

  3. 手当て法

    芋湿布(里芋パスタ)の作り方

    自分でできる芋湿布の作り方・打ち身、捻挫、リウマチ、神経痛などの炎症・…

  4. 柿茶健康通信

    お腹がグゥーと鳴るとよく動く?食事を取るタイミングと便秘の関係について

    腸はもともと自動的に動いて知らない間に食べものを消化、排出してくれてい…

  5. 柿茶健康通信

    疲れにくいカラダの作り方?【簡単スレッチ方法】

    運動不足や長時間同じ姿勢をしていると筋肉が硬くなり、筋肉を収縮させ…

まずはおためし

facebook

2020年9月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. お知らせ

    製品価格改定に関するご案内
  2. お知らせ

    香川短期大学 松永・調理&商品開発ゼミの皆さんとの産学連携プロジェクト…
  3. 産地情報

    柿茶畑の近く徳島県三好市の休耕田再生事業に参加してきました。
  4. お知らせ

    柿茶フェイスブックキャンペーン当選者のご案内です。
  5. お知らせ

    柿茶をオススメして頂ける産院、助産施設マタニティー関連施設の方々のモニターを 募…
PAGE TOP