柿茶健康通信

糖分を減らしてアンチエイジング


体の糖化がアンチエイジングに関係しているという新聞の記事がありましたのでリンクを貼っておきます。
過剰な糖質が引き起こす「糖化」について(日本経済新聞記事)



※下記要約

老化促進の要因として最近、注目が集まっているのが、「糖化」と呼ばれる現象。

糖の取り過ぎが、肌のくすみから動脈硬化や骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、ED(勃起不全)、そして認知症までも引き起こすといわている

糖化とは、体内のたんぱく質や脂質と糖とが結びつき、変性すること。
「筋肉や血管などの人の体の大部分は、たんぱく質からできています。

これを変質、老化させる犯人が糖質。食事で糖を取り過ぎると、エネルギー源として代謝されずにたんぱく質と結合し、老化が加速してしまうのです。

たんぱく質と糖質とが結合すると、AGEs(終末糖化産物)という褐色の老化物質ができる。

体内の「糖化現象」は、まず血中で起こる。

糖を取り過ぎると、血中に余分な糖が増え、赤血球のたんぱく質・ヘモグロビンと結合し、AGEsが発生する。糖化したヘモグロビンは全身に酸素を運ぶ役割を果たせなくなり、体中の細胞が低酸素状態に陥って、新陳代謝が低下していく。

これが進むと、体内のあらゆる部位にあるたんぱく質の一種、コラーゲンにAGEsが発生する。すると血管の内側が傷つき動脈硬化になり、ひいては心筋梗塞(こうそく)や脳梗塞の原因に。また、毛細血管が詰まりやすくなるので、ED、糖尿病網膜症、脳なら認知症にもつながる。さらに骨にも大量のコラーゲンがあるので、骨粗鬆症の原因になる…と、全身の病気に「糖化」は関わるのだ。

肌のくすみ、たるみやシワも、肌の表皮の下にたまったAGEsが起こす。「肌の色が茶色っぽくくすむのは、褐色のAGEsが皮膚にある証拠です。

【血中でヘモグロビンが「糖化」すると… → 全身が老化する】

●肌がくすみ、弾力がなくなる
●血管が傷んでくる
●太りやすくなる
●動脈硬化が進む
●認知症になりやすくなる
●がんになりやすくなる

糖化を防ぐには、食後血糖値を急上昇させない習慣が肝要。
野菜→タンパク質→主食の順に食べる「ベジファースト」などを積極的に実践しよう。

同時に、糖化を抑制する働きのある食材も取りたい。糖化抑制作用があると判明したのは、

モロヘイヤ、フキノトウ、新ショウガ、たで、ブロッコリースプラウトといった野菜や、ハッサクやマンゴスチンなどの果物、栗の渋皮など。甘く、口当たりのいいものより、苦みや渋み、酸味の強いものが多い

ドクダミ茶や柿の葉茶など、9種類の健康茶にも糖化を抑える作用があるそうだ。
甘い清涼飲料水を飲んでいるなら、すぐに健康茶に切り替えよう。

 


関連記事

  1. 柿茶健康通信

    「つめで分かるカラダの健康?」つめはカラダの健康を計るバロメータ

    つめ役割は指先の保護や細かいものをつかむ時に役にたっています。つめ…

  2. 未分類

    【朝日米の玄米の炊き方】ミネラル豊富・食物繊維の豊富

    【おいしい玄米の炊き方】ミネラル豊富・食物繊維の豊富な朝日米の玄米…

  3. 柿茶・柿の葉茶

    柿の葉寿司についてのお話

    柿茶本舗の三好です。今日は、柿の葉寿司についてのお話しです。和…

  4. 柿茶健康通信

    この時期よく聞くノロウイルス?

    冷え込みも厳しくなり本格的な冬到来となりました。そろそろ風邪の季…

  5. 柿茶健康通信

    汗と臭いの関係【柿茶健康通信】

    今回は誰でも気になるにおいの話です。夏はそろそろ終わりですがまだま…

  6. 柿茶健康通信

    「食欲の秋」食欲と満腹の関係

    美味しいものがたくさんある秋、ついついたくさん食べてしまう人も多い…

まずはおためし

facebook

2019年10月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  1. お知らせ

    健康講演会のお知らせ【2018年11月11日】
  2. アスミン

    食後の血糖値抑制効果の報告 アスミン・柿茶(柿の葉茶)
  3. 柿茶健康通信

    春に注意したい自律神経の乱れ
  4. お知らせ

    「柿茶本舗創業70周年 キャッチコピー一般募集」多数のご応募ありがとうございます…
  5. 2016柿の葉放射能検査

    柿茶・柿の葉茶

    2014年度収穫分の柿の葉茶の放射能検査
PAGE TOP