6. 西式健康法

血液循環を促進させ、全身をリフレッシュ毛管運動

毛管運動とは

これは全身の血液循環を良くして、血液循環の不等速を改善する運動です。

人体に51億本あるといわれている毛細血管のうち、31億本が分布している四肢を上げて微振動させることで、四肢の静脈弁が正整され血液循環と新陳代謝が生理的に盛んに行われるようになり、鬱血や血流の停滞を除き内臓や循環器系統の諸病を治療・予防することができます。

①横になって手足を体と直角になるように垂直にのばします。

②手は肩幅に、足は腰幅になるように広げ、足の裏は床面と水平になるようにします。なるべく膝を曲げず、アキレス腱を伸ばすような姿勢をとり、手足を細かく振動させます。

③一日に2分間を2~3回行うことで、疲労回復が速く、脚力が増します。またグローミューの健全を促進します。

 

moukan

 

※①腎臓、心臓病の方は足関節に副木を用います。

②自力で出来ない場合は、下肢を壁に3分立てかけ、5分間おろす、を繰り返すだけでも効果的です。

毎日の健康管理に柿茶をおすすめします。


メールマガジンにて健康情報配信中ですご登録はこちらから

関連記事

  1. 3. 読み物

    芋湿布(里芋パスタ)の作り方

    自分でできる芋湿布の作り方・打ち身、捻挫、リウマチ、神経痛などの炎症・…

  2. 6. 西式健康法

    便秘の方に最適な金魚運動【自分でできる便秘解消運動】

    金魚運動の方法金魚運動とは背骨の左右の歪みを治し、脊髄神経に対する…

  3. 6. 西式健康法

    背腹運動―背骨を正し、内臓下垂を防ぎ、体液を中性にする

    背腹運動は各種運動法の中心に位置します。準備運動と本運動があり、準備運…

  4. 6. 西式健康法

    平床で寝る 【背骨のゆがみを正す】

    人が四っ足動物と同じように背骨を水平にするのは,体を横たえて休…

  5. 6. 西式健康法

    温冷浴療法 【血行を良くして疲れがとれる入浴方法】

    温冷浴療法これはドイツのブラウレ氏の提唱した入浴法です…

  6. 6. 西式健康法

    西式健康法の四大原則・六大法則の実習 夏期合宿 2日目

    合宿2日目、起床して日課の裸療法,顎下懸垂,三号機による金魚運動・毛管…

まずはおためし

facebook

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP