未分類

粘膜を強くしてアレルギーを予防(花粉症・アトピー)


■腸内環境悪化がアレルギーの原因
花粉症の人が2000万人、アトピーが700万人おり、なる人・ならない人の違いは腸内環境によると言われています。
体の免疫力の7割は腸に集中し、病気の予防に働いています。
食生活が乱れると、腸内環境が悪化して、腸粘膜の連結を弱めます。それによって栄養分や毒素、病原体、食品添加物などが腸壁から血液中に流れ込み、体の免疫システムにより炎症反応が起きます。

【腸内環境を悪くするもの】
・高脂肪高タンパクの食事
・お酒の飲み過ぎ
・甘いお菓子・飲み物
・食べ過ぎ
・食品添加物の多い食品
・食物繊維不足

【腸内環境をよくする方法】
・カロリーを30%抑える →朝食抜きの1日2食
・食べない時間を十分作る →間食なし
・便秘をしない →水1L+柿茶1L 金魚運動 毛管運動
・1日野菜を300g、海藻・きのこ
・発酵食品をとる →味噌・納豆・鰹節・醤油・ヨーグルト

粘膜の働きとケア方法
異物が外部から入る場所には、口、鼻、のど、胃や腸に入り込んだとしても、それらを全て、それぞれの粘膜が、二重、三重のバリアで病原体や異物を排除してくれています。

体の表面の皮膚の構造も、粘膜と非常に似ており、皮膚の皮脂や汗は粘膜の粘液に相当し、皮膚からいろいろな異物が侵入しないように、バリア機能が働いています。

自律神経のバランス整える
副交感神経が少し優位の方が、粘液の分泌がスムーズになります。

②睡眠不足の解消。7時間の睡眠

③水分の補給
1日に2Lの水分を綺麗な生水とビタミンCの豊富な柿茶から取ります。一度に多く飲むと、水分が細胞に浸み込まないので、少しずつ飲むのが良い飲み方。水分が粘膜に行き届いていると、炎症を引き起こすヒスタミンが薄められて、バリア機能が十分に働き、花粉症などに効果的です。

④粘膜を強くする食べ物
レンコン、長芋、サトイモ、オクラ、モロヘイヤ、なめこ、納豆などのヌルヌル、ネバネバ食品。
レンコンは食物繊維が多く、便秘によく、抗酸化、抗炎症作用もあります。またアレルギー反応を引き起こすIgE抗体を抑える働きもあります。昔からレンコンのしぼり汁を飲んでのどの痛みを治したり、綿棒に付けて鼻の穴に塗って、炎症を治すなど効果があります。

・ビタミンCの多い柿茶、レンコン、キウイ、イモ類、かんきつ類、イチゴなどを摂り、ビタミンA、またB2も皮膚や粘膜強化に必要です。

オメガ3脂肪酸
アマニ油、えごま油、青魚は皮膚や粘膜の働きを強化させて、アレルギーや炎症を抑える働きがあります。

美容と健康に柿茶

 


関連記事

  1. 未分類

    シミの場所から分かる体の健康状態①

    「肌は内臓の鏡」という言葉があります。体内の臓器や器官に不調がある…

  2. 未分類

    【ポリフェノールの効用】体をサビから守る抗酸化作用が特徴

    ■ポリフェノールの効用疲れ目・視力回復 (アントシアニン)…

  3. 未分類

    アントシアニンの効用【目の機能を回復、血圧上昇抑制や肝機能改善など】

    ■アントシアニンの効用血圧の上昇を抑える毛細血管を守る…

  4. 未分類

    健康法あれこれ

    柿茶本舗の前田です。今日は、最近テレビや新聞・雑誌などでやたら目につく…

  5. 未分類

    ビタミンCの効用【コラーゲンを合成し、血管、皮膚、粘膜、骨を強くする】

     ■ビタミンC の効用コラーゲンを合成し、血管、皮膚、粘膜…

  6. 未分類

    【カリウムの効用】血圧を下げる、高血圧予防にはナトリウムとカリウムのバランスが重要です。

                          ※佐野内科ハートクリニ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まずはおためし

facebook

2019年9月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 柿茶健康通信

    冷え性の原因を食べもので改善!【柿茶健康通信】
  2. 健康合宿

    七掛温冷湿布 夏期合宿 5日目
  3. お知らせ

    夏期健康講演会のお知らせ
  4. 柿茶・柿の葉茶

    秋の入浴法 暮らしのワンポイント 柿の葉茶を使った柿の葉湯の紹介です。 (日本経…
  5. お知らせ

    『かがわ食育考』 香川県民に贈る食育のすすめ
PAGE TOP