▼【柿茶本舗ブログ】

新しい苗木を植えて耕作放棄地の再生

柿茶本舗では地元香川県で、耕作放棄地になってしまった柿畑の再生による柿の葉の生産にも取り組んでいます。
しかしながら、このような畑の柿の木は傷んで弱っているものも多いことから、今年1月に新たな柿の苗を植えました。

上の写真は弱って傷んだ柿の木です。このような木にはサルノコシカケなどの木材腐朽菌が侵入してくるため、やがて倒れてしまいます。木の成長には時間もかかるため、今から次の世代の準備が必要です。
今回は柿畑の空いた土地に200本の苗を植えました。


新しい柿の木は、4~5年後ぐらいから葉っぱを収穫できる予定です。今はまだ人差し指ぐらいの細い苗が、しっかり根付いて立派に育ってくれることをスタッフ一同心待ちにしています。新しい柿の木は、4~5年後ぐらいから葉っぱを収穫できる予定です。今はまだ人差し指ぐらいの細い苗が、しっかり根付いて立派に育ってくれることをスタッフ一同心待ちにしています。

関連記事

  1. ▼【柿茶本舗ブログ】

    柿の葉茶一筋70年 柿茶本舗がつくる柿の葉茶「柿茶」の特徴

    柿の葉茶一筋70年柿茶本舗がつくる柿の葉茶「柿茶」…

  2. 3. 商品紹介

    美味しい柿茶を手軽にお飲みいただける柿茶ペットボトル。

    熱中症の心配が続く季節になりました。こんな時におすすめなのが、…

  3. ▼【柿茶本舗ブログ】

    木枕Q&A・選び方・使い方・良くある質問

    木枕のQ&A・選び方・使い方・良くある質問をまとめていますので…

  4. 1. 柿茶本舗からお知らせ

    雑誌掲載のお知らせ”美ST”に掲載されました。

    柿茶本舗の前田です。今日は、月刊誌に掲載された柿茶Rの宣伝のお話し。…

  5. LIMACAFE4

    1. 柿茶本舗からお知らせ

    マクロビオティックカフェ

    こんにちは、柿茶本舗の子育て真っ最中の中野です。今日は代々木に…

まずはおためし

facebook

PAGE TOP