手当て法

芋湿布(里芋パスタ)の作り方


自分でできる芋湿布の作り方・打ち身、捻挫、リウマチ、神経痛などの炎症・痛み、腹水、腫れ物などに効果があります。

用意するもの
生の里芋 (100g) 小麦粉(100g) ひね生姜(20g) 天然塩(20g)

①里芋を洗って、水を切ります。
②芋の皮のひげが少しこげるぐらいの火であぶります。
(こうすると患部が痒くなりません)
③芋の皮をむいて、すりおろします。
④生姜もすりおろし、芋に加えます。
⑤小麦粉、塩を入れて、こねます。小麦粉の量は里芋の量によって調節します。
⑥布または料理用ペーパーに3mm~5mmくらいの厚さにのばし、その上にガーゼを当て、ガーゼ側を直接患部に貼ります。かぶれやすい人はあらかじめ患部にスイマグクリームやゴマ油を塗っておきます。
⑦普通は就寝時に貼って、翌朝取り除きます。
⑧患部が熱をもっているときは芋湿布が乾き、癌の場合は毒を吸ってドロドロになります。乾いたりドロドロになったら(3~4時間が目安)取替えします。

注意すること
1、かゆみが強いのは芋の焼き方が足りないためです。

2、どうしてもだめな人はジャガイモでも代用できますが、効果はさがります。
3、芋湿布はまとめて作り、密閉して冷蔵庫に保管できます。
4、おへそには入らなうようにします。

里芋粉の販売はこちらです


関連記事

  1. 柿茶健康通信

    汗と臭いの関係【柿茶健康通信】

    今回は誰でも気になるにおいの話です。夏はそろそろ終わりですがまだま…

  2. 読み物

    柿の葉寿司についてのお話

    柿茶本舗の三好です。今日は、柿の葉寿司についてのお話しです。和…

  3. 柿茶健康通信

    お茶でうがいが効果的!かんたん風邪の予防方法?

    ◆お茶でうがいが効果的!簡単風邪の予防方法!緑茶、紅茶でうがいをする…

  4. 健康合宿

    糖尿病の予防と治療法 夏期合宿 3日目

    合宿3日目、午後より東京中野区の渡辺医院 院長・渡辺完爾先生による講演…

  5. 手当て法

    生野菜ジュース・青汁の作り方

    生野菜ジュース・青汁の作り方低速回転の搾汁機やジュース…

  6. 柿茶健康通信

    春に注意したい自律神経の乱れ

    春になると何故か日中眠くなったり、体が怠く感じたりすることがありま…

まずはおためし

facebook

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. お知らせ

    製品価格改定に関するご案内
  2. 柿茶・柿の葉茶

    秋の入浴法 暮らしのワンポイント 柿の葉茶を使った柿の葉湯の紹介です。 (日本経…
  3. 読み物

    健康へのトビラvol.7 【ポリフェノール 厄介な物質から生活習慣病・がんを予防…
  4. 身体のくせを正す

    背腹運動―背骨を正し、内臓下垂を防ぎ、体液を中性にする
  5. 産地情報

    本日で2012年度の柿の葉茶(柿茶)の生産が終了します。
PAGE TOP