アスミン

食後の血糖値抑制効果の報告 アスミン・柿茶(柿の葉茶)


血糖値上昇抑制効果
健常者6名が柿の葉茶浸出液の濃縮物を米飯とともに摂取したところ、食後15分の血糖上昇を有意に抑制した。以上の結果から食後血糖値が急激に上昇しやすい人にとって、柿の葉茶浸出液を濃縮した飲料は有用な飲料となる可能性が示唆された。柿茶効能1
糖質吸収の阻害
総ポリフェノール量は、浸出時間が1、3、5分と長くなるにつれて増加し、α-アミラーゼ活性阻害率(糖吸収阻害)も総ポリフェノール量に比例して高くなる傾向を示した。

柿茶効能2

 

柿の葉浸出液のヒト飲用試験による食後の血糖値上昇抑制効果
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【要約】
柿の葉浸出液のポリフェノール量及びα-アミラーゼ活性阻害について
調べた。また柿の葉茶浸出液およびその濃縮物のヒト食後血糖値抑制
結果の検証。

1、総ポリフェノール量は、浸出時間が1,3,5分と長くなるにつれて比例し
て増加しα-アミラーゼ活性阻害率も総ポリフェノール量に比例して
高くなる傾向を示した。

2、健常者6名が柿の葉茶浸出液の濃縮物を米飯とともに摂取したところ、
食後15分の血糖上昇を有意に抑制した。

以上の結果から、食後血糖値が急激に上昇しやすい人にとって、柿の葉茶
浸出液を濃縮した飲料は有用な飲料となる可能性が示唆された。

※柿茶を入れる時に1分より5分の方がポリフェノールが多く抽出されます。

※アミラーゼとは、膵臓と唾液腺から分泌され、血中に検出される酵素です。
澱粉成分を加水分解して糖に変換する酵素の総称

 

 

 


関連記事

  1. 柿茶・柿の葉茶

    健康食品について

    柿茶本舗の前田です。今日は、健康食品についてのお話しです。新聞…

  2. 柿茶・柿の葉茶

    柿茶のペットボトルには室戸海洋深層水を使用しています。

    柿茶のペットボトルに使われている水は室戸海洋深層水です。…

  3. お知らせ

    『かがわ食育考』 香川県民に贈る食育のすすめ

    香川県民に贈る食育の進め◆糖尿病予防の決め手は腹七分目…

  4. 商品紹介

    柿茶石鹸試作品が出来上がりました

    こんにちは、柿茶本舗の中野です。今日は、柿茶石鹸の試作品がつい…

  5. 柿茶・柿の葉茶

    熱中症対策について

    こんにちは、柿茶本舗 の中野です。ここのところ、日中30℃を超える…

まずはおためし

facebook

2019年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. お知らせ

    妊婦さんに柿茶をお勧めします!
  2. スイマグ

    スイマグの効用および飲み合わせに注意が必要な薬等
  3. 柿茶健康通信

    春に注意したい自律神経の乱れ
  4. 柿茶健康通信

    カルシウム不足していませんか?
  5. 産地情報

    耕作放棄地の新たな開墾
PAGE TOP