アスミン

食後の血糖値抑制効果の報告 アスミン・柿茶(柿の葉茶)


血糖値上昇抑制効果
健常者6名が柿の葉茶浸出液の濃縮物を米飯とともに摂取したところ、食後15分の血糖上昇を有意に抑制した。以上の結果から食後血糖値が急激に上昇しやすい人にとって、柿の葉茶浸出液を濃縮した飲料は有用な飲料となる可能性が示唆された。柿茶効能1
糖質吸収の阻害
総ポリフェノール量は、浸出時間が1、3、5分と長くなるにつれて増加し、α-アミラーゼ活性阻害率(糖吸収阻害)も総ポリフェノール量に比例して高くなる傾向を示した。

柿茶効能2

 

柿の葉浸出液のヒト飲用試験による食後の血糖値上昇抑制効果
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【要約】
柿の葉浸出液のポリフェノール量及びα-アミラーゼ活性阻害について
調べた。また柿の葉茶浸出液およびその濃縮物のヒト食後血糖値抑制
結果の検証。

1、総ポリフェノール量は、浸出時間が1,3,5分と長くなるにつれて比例し
て増加しα-アミラーゼ活性阻害率も総ポリフェノール量に比例して
高くなる傾向を示した。

2、健常者6名が柿の葉茶浸出液の濃縮物を米飯とともに摂取したところ、
食後15分の血糖上昇を有意に抑制した。

以上の結果から、食後血糖値が急激に上昇しやすい人にとって、柿の葉茶
浸出液を濃縮した飲料は有用な飲料となる可能性が示唆された。

※柿茶を入れる時に1分より5分の方がポリフェノールが多く抽出されます。

※アミラーゼとは、膵臓と唾液腺から分泌され、血中に検出される酵素です。
澱粉成分を加水分解して糖に変換する酵素の総称

 

 

 


関連記事

  1. お知らせ

    高校生レストランin海の幸ふれあい市場に出店しました。

    3月22日(日)開催当日。↓ 坂出第一高等学校の生徒による高校…

  2. お知らせ

    さかいでブランド脚光/販路開拓へ官民連携

    平成23年11月28日の四国新聞に、こんな記事が掲載された。柿茶Rも…

  3. お知らせ

    日本経済新聞・四国の鮮力拠点に柿茶本舗が紹介されました!

    先週のさぬきマルシェの様子が日本経済新聞・四国の鮮力拠点に紹介されまし…

  4. お知らせ

    坂出市の小学校の給食に柿茶を使った茶粥が登場しました。

    坂出市の小学校の給食に柿茶を使った茶粥を給食に出していただきました。お…

  5. 柿茶・柿の葉茶

    新しい農地の茶葉の品質確認

    今年から収穫予定の新しい農地にできる柿の葉を検査に出そうと思います。…

まずはおためし

facebook

2019年9月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 柿茶健康通信

    夏場の水分補給と体調管理
  2. 柿茶健康通信

    汗と臭いの関係【柿茶健康通信】
  3. 商品Q&A

    柿茶の味の話・正しい入れ方・ティーバッグ・お湯の量・その他いろいろ
  4. 柿茶健康通信

    「食欲の秋」食欲と満腹の関係
  5. 手当て法

    芋湿布(里芋パスタ)の作り方
PAGE TOP