手当て法

自分でできるカラシ湿布の作り方


自分でできるカラシ湿布の作り方・風邪、気管支炎、扁桃腺炎、結核、喘息などの呼吸器疾患、その他できもの以外の急性炎症などに効果があります。

■用意するもの

○カラシ(和、洋カラシどちらでもよい)100g~150g(成人の場合)
○小麦粉
○さらしなどの布、または料理用ペーパー
○お湯(50~60度)
○ビニール袋
○毛布
○ガーゼ


■方法

①カラシと小麦粉の割合
成人       カラシ1:小麦粉0
皮膚の弱い方    カラシ1:小麦粉1
幼児(6歳以下)  カラシ1:小麦粉3
赤ちゃん(2歳以下)カラシ1:小麦粉4

②カラシと小麦粉を50~60℃のお湯で練り、ベタベタの状態のものを布または料理用ペーパーに3mm程度の厚さに塗り広げます。

③上からもう一枚ガーゼを当て、ガーゼ側を胸部または、背中に広く湿布します。
④湿布の温度が下がらないように湿布の上にビニールをおき、毛布をかけて全身を温めます。
⑤実施時間は大人10~15分ぐらいで、少しめくってみて皮膚が赤くなっていれば効果があったということです。
⑥1日1回、朝か夜に行う場合は胸に、昼に行う場合は背中に湿布します。
場合によっては2回実施してもよいですが、胸と背中を同時に施さないようにしてください。


■注意すること

●カラシは新しいものがよいが、古くなったらカラシに番茶か大根おろしの汁を加えれば使えます。
●お湯の温度は55℃が一番よく、70度になると効力は減り、100℃や35℃以下では効果はありません。ツンと刺激臭が立つぐらいがちょうどいいです。
●20分以上はしてはいけません。20分以上たっても発赤しない場合は重い病気でうから、医療機関を受診してください。
●かぶれやすい人は湿布後肌にスイマグクリームかオリーブ油またごま油を塗っておきます。


関連記事

  1. お知らせ

    健康講座のご紹介です・西式甲田健康法が身体を救う【青汁、玄米菜食で元気な生活】

    【健康講座のご紹介】 西式甲田健康法が身体を救う【青汁、玄米…

  2. 柿茶・柿の葉茶

    半日断食【ファスティング】の方法です。腸内環境を整え更に代謝もアップ!

    簡単 半日断食【ファスティング】の方法■「半日断食」の…

  3. 西式健康法

    木枕をする 【肩こり、ストレートネックの方におすすめ・頸椎のひずみを正す枕】

    昼間に重い頭を乗せた負担から生じる頸椎のひずみを解消するのが木枕で…

  4. 西式健康法

    合掌合蹠(がっしょうがっせき)【妊婦さん用安産体操】

    合掌合蹠とは四肢(手足)の筋肉と神経の平衡を目的とします。また、骨盤底…

  5. 手当て法

    味噌湿布の作り方

    味噌湿布便秘、腹部膨満、腹水、発熱の諸症状、宿便の排泄…

  6. 柿茶健康通信

    「朝食抜きときどき断食」健康法

    柿茶本舗営業の井上です。本日より何回かに渡ってファスティング(半日断食…

まずはおためし

facebook

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. スイマグ

    便秘でお悩みの方、腸内セルフエステをしたい方にスイマグ
  2. アスミン

    食後の血糖値抑制効果の報告 アスミン・柿茶(柿の葉茶)
  3. 柿茶健康通信

    病気のサイン
  4. 柿茶・柿の葉茶

    柿茶本舗 柿の葉茶の歴史
  5. スイマグ

    スイマグを飲まない方がいい方
PAGE TOP