手当て法

芋湿布(里芋パスタ)の作り方


自分でできる芋湿布の作り方・打ち身、捻挫、リウマチ、神経痛などの炎症・痛み、腹水、腫れ物などに効果があります。

用意するもの
生の里芋 (100g) 小麦粉(100g) ひね生姜(20g) 天然塩(20g)

①里芋を洗って、水を切ります。
②芋の皮のひげが少しこげるぐらいの火であぶります。
(こうすると患部が痒くなりません)
③芋の皮をむいて、すりおろします。
④生姜もすりおろし、芋に加えます。
⑤小麦粉、塩を入れて、こねます。小麦粉の量は里芋の量によって調節します。
⑥布または料理用ペーパーに3mm~5mmくらいの厚さにのばし、その上にガーゼを当て、ガーゼ側を直接患部に貼ります。かぶれやすい人はあらかじめ患部にスイマグクリームやゴマ油を塗っておきます。
⑦普通は就寝時に貼って、翌朝取り除きます。
⑧患部が熱をもっているときは芋湿布が乾き、癌の場合は毒を吸ってドロドロになります。乾いたりドロドロになったら(3~4時間が目安)取替えします。

注意すること
1、かゆみが強いのは芋の焼き方が足りないためです。

2、どうしてもだめな人はジャガイモでも代用できますが、効果はさがります。
3、芋湿布はまとめて作り、密閉して冷蔵庫に保管できます。
4、おへそには入らなうようにします。

里芋粉の販売はこちらです


関連記事

  1. 柿茶・柿の葉茶

    夏の水分補給と体調管理

    今回は夏の水分補給と体調管理について。■1日にカラダに必要な水…

  2. スイマグ

    おなかと体をリフレシュする方法【柿茶健康通信】

    今回はおなかと体をリフレシュする方法をご紹介します。現代人は高カロリ…

  3. 未分類

    【朝日米の玄米の炊き方】ミネラル豊富・食物繊維の豊富

    【おいしい玄米の炊き方】ミネラル豊富・食物繊維の豊富な朝日米の玄米…

  4. 柿茶健康通信

    女性必見!夏の日焼けについて

    こんにちは、柿茶本舗の中野です。先日、家族でプールに行きました。…

  5. お知らせ

    全国健康村ネット21主催【健康塾開催のお知らせ】

    全国健康村ネット21主催 【健康塾開催のお知らせ】家庭でできる健康…

  6. 手当て法

    裸療法・大気浴療法

    大気浴療法(裸療法)これは皮膚機能の鍛練法です。フランスのロー…

まずはおためし

facebook

2019年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. 西式健康法

    便秘の方に最適な金魚運動【自分でできる便秘解消運動】
  2. 未分類

    ビタミンCの効用【コラーゲンを合成し、血管、皮膚、粘膜、骨を強くする】
  3. 柿茶健康通信

    熱中症対策
  4. 柿茶・柿の葉茶

    2016年収穫分 柿の葉の放射能検査結果
  5. 読み物

    健康診断の項目
PAGE TOP