3. 読み物

芋湿布(里芋パスタ)の作り方

自分でできる芋湿布の作り方・打ち身、捻挫、リウマチ、神経痛などの炎症・痛み、腹水、腫れ物などに効果があります。

 

用意するもの
生の里芋 (100g) 小麦粉(100g) ひね生姜(20g) 天然塩(20g)

①里芋を洗って、水を切ります。
②芋の皮のひげが少しこげるぐらいの火であぶります。
(こうすると患部が痒くなりません)
③芋の皮をむいて、すりおろします。
④生姜もすりおろし、芋に加えます。
⑤小麦粉、塩を入れて、こねます。小麦粉の量は里芋の量によって調節します。
⑥布または料理用ペーパーに3mm~5mmくらいの厚さにのばし、その上にガーゼを当て、ガーゼ側を直接患部に貼ります。かぶれやすい人はあらかじめ患部にスイマグクリームやゴマ油を塗っておきます。
⑦普通は就寝時に貼って、翌朝取り除きます。
⑧患部が熱をもっているときは芋湿布が乾き、癌の場合は毒を吸ってドロドロになります。乾いたりドロドロになったら(3~4時間が目安)取替えします。

注意すること
1、かゆみが強いのは芋の焼き方が足りないためです。

2、どうしてもだめな人はジャガイモでも代用できますが、効果はさがります。
3、芋湿布はまとめて作り、密閉して冷蔵庫に保管できます。
4、おへそには入らなうようにします。

毎日の健康管理に柿茶をおすすめします。


メールマガジンにて健康情報配信中ですご登録はこちらから

関連記事

  1. 3. 読み物

    肌トラブル、顔のシミでわかる体の不調

    【肌トラブルと体の危険信号】多くの女性にとって「美肌」は永遠のテーマで…

  2. 3. 読み物

    柿の葉のお茶、その多彩な効用

    カキの実と葉カキは日本や、中国、韓国など アジアで広く自生…

  3. 3. 読み物

    健康法あれこれ

    柿茶本舗の前田です。今日は、最近テレビや新聞・雑誌などでやたら目につく…

  4. 3. 読み物

    夏の水分補給と体調管理

    今回は夏の水分補給と体調管理について。■1日にカラダに必要な水…

  5. 3. 読み物

    交感神経と副交感神経の働きを知ろう

    すこやかに暮らすために「生体リズムにそった生活」昼間に活動的な…

  6. 3. 読み物

    ストレートネック 枕 肩こり枕【木枕・平床をして体の歪みを整える方法】

    木枕・平床の上で寝ると毎晩少しづつズレている首や背中を整えてい…

まずはおためし

facebook

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP