手当て法

芋湿布(里芋パスタ)の作り方


自分でできる芋湿布の作り方・打ち身、捻挫、リウマチ、神経痛などの炎症・痛み、腹水、腫れ物などに効果があります。

用意するもの
生の里芋 (100g) 小麦粉(100g) ひね生姜(20g) 天然塩(20g)

①里芋を洗って、水を切ります。
②芋の皮のひげが少しこげるぐらいの火であぶります。
(こうすると患部が痒くなりません)
③芋の皮をむいて、すりおろします。
④生姜もすりおろし、芋に加えます。
⑤小麦粉、塩を入れて、こねます。小麦粉の量は里芋の量によって調節します。
⑥布または料理用ペーパーに3mm~5mmくらいの厚さにのばし、その上にガーゼを当て、ガーゼ側を直接患部に貼ります。かぶれやすい人はあらかじめ患部にスイマグクリームやゴマ油を塗っておきます。
⑦普通は就寝時に貼って、翌朝取り除きます。
⑧患部が熱をもっているときは芋湿布が乾き、癌の場合は毒を吸ってドロドロになります。乾いたりドロドロになったら(3~4時間が目安)取替えします。

注意すること
1、かゆみが強いのは芋の焼き方が足りないためです。

2、どうしてもだめな人はジャガイモでも代用できますが、効果はさがります。
3、芋湿布はまとめて作り、密閉して冷蔵庫に保管できます。
4、おへそには入らなうようにします。

里芋粉の販売はこちらです


関連記事

  1. 手当て法

    温冷浴療法 【血行を良くして疲れがとれる入浴方法】

    温冷浴療法これはドイツのブラウレ氏の提唱した入浴法です…

  2. 西式健康法

    合掌合蹠(がっしょうがっせき)【妊婦さん用安産体操】

    合掌合蹠とは四肢(手足)の筋肉と神経の平衡を目的とします。また、骨盤底…

  3. 柿茶健康通信

    スイマグの働き と飲み方

    スイマグの働き?と飲み方についてスイマグは、胃酸を抑える作用と、下…

  4. 柿茶健康通信

    1日2食で体をリセット・1日2食の5つの効果【朝食抜きときどき断食健康法】

    こんにちは柿茶本舗の井上です。毎日食べ過ぎとていると思う方は朝食を…

  5. 柿茶健康通信

    夏場の水分補給と体調管理

    こんにちは、柿茶本舗の中野です。今回の台風はすごい威力でしたね…

  6. 西式健康法

    木枕をする 【肩こり、ストレートネックの方におすすめ・頸椎のひずみを正す枕】

    昼間に重い頭を乗せた負担から生じる頸椎のひずみを解消するのが木枕で…

まずはおためし

facebook

2020年4月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. 柿茶・柿の葉茶

    2016年収穫分 柿の葉の農薬検査結果
  2. 柿茶健康通信

    体幹トレーニングで腰痛防止!腰痛防止お腹も元気に なります。
  3. 柿茶・柿の葉茶

    2014年収穫分 柿の葉茶の農薬検査
  4. 柿茶健康通信

    「食欲の秋」食欲と満腹の関係
  5. 柿茶・柿の葉茶

    2015年今年も柿の葉の収穫が始まりました。
PAGE TOP