手当て法

足湯(脚湯法)風邪、高熱から微熱まで、発汗を促し熱冷ましの特効


子供のころに熱がでるとこの足湯を母にしてもらってました。
効果抜群の脚湯法です。

風邪、高熱から微熱まで、発汗を促し熱冷ましの特効があります。他に腎臓病、水腫、糖尿病、咳にも効きます。

足湯

用意するもの
両足のふくらはぎまで入るバケツ、深めの容器2個(1個はお湯用、もう1つは水用)

○お湯(40度~43度まで)
○温度計
○乾いたタオル
○水(常温)
○ビニールの大きめのもの
○毛布

方法
①バケツに40℃の湯を満たし、仰向けに寝て両足ふくらはぎまでユニ浸します。膝から上は毛布で十分に保温します。

②40℃から始め、5分毎にやかんで差し湯して1℃ずつ上げていきます。バケツ内の温度が同じになるようにまぜます。

③40℃を5分、41℃を5分、42℃を5分、43℃を5分というように連続20分脚湯し、発汗させます。最後は水に2~3分位足首までつけます。

④水分を十分に拭き取って、あたたかくして静かに横になります。

⑤発汗が終わったら着替えをし、発汗によって失われた水分、塩分、ビタミンCを2時間以内に補給します。柿茶を飲むのとよいでしょう。

 

注意すること
①脚湯法は原則として午後3時以降に行います。熱が高いときは午後3時、6時、9時の3回空腹時に行います。食後は30分以上あけてください。
②普通の人はだいたい20分以内に発汗します。発汗しにくい人はお湯や柿茶をチビチビ飲みます。
③脚湯中のぼせ気味の人は水やぬるめの柿茶を飲みます。
④脚湯後、足が冷えきって温まらない人は水につける時間を縮めてください。(40秒から1分)
⑤汗が出来るまで温かくして寝ています。人によって脚湯後2時間ぐらいしてやっと発汗する人もありあます。
⑥脚湯後は足首がゆるんでいるので、すぐに起立したり歩いてはいけません。
⑦風邪のときは、カラシ湿布と脚湯をして汗を出し切ると治りが早いでしょう。
ただし40℃を超える場合は医療機関を受診してください。

 


関連記事

  1. 西式健康法

    平床で寝る 【背骨のゆがみを正す】

    人が四っ足動物と同じように背骨を水平にするのは,体を横たえて休…

  2. 手当て法

    味噌湿布の作り方

    味噌湿布便秘、腹部膨満、腹水、発熱の諸症状、宿便の排泄…

  3. 手当て法

    温冷浴療法 【血行を良くして疲れがとれる入浴方法】

    温冷浴療法これはドイツのブラウレ氏の提唱した入浴法です…

  4. 西式健康法

    血液循環を促進させ、全身をリフレッシュ毛管運動

    毛管運動とはこれは全身の血液循環を良くして、血液循環の不等速を…

  5. 健康合宿

    糖尿病の予防と治療法 夏期合宿 3日目

    合宿3日目、午後より東京中野区の渡辺医院 院長・渡辺完爾先生による講演…

  6. 西式健康法

    便秘の方に最適な金魚運動【自分でできる便秘解消運動】

    金魚運動の方法金魚運動とは背骨の左右の歪みを治し、脊髄神経に対する…

まずはおためし

facebook

2019年9月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  1. 柿茶健康通信

    柿の葉とアトピー、アレルギーについて
  2. 柿茶・柿の葉茶

    2016年度の柿の葉茶生産始まりました。
  3. お知らせ

    第28回東京母性衛生学会 学術セミナーのお知らせ
  4. スイマグ

    スイマグを飲まない方がいい方
  5. お知らせ

    NPO法人健康を考えるつどい講演会のお知らせ(2014年5月17日)
PAGE TOP