増える生活習慣病

■2016年10月年齢別の人口分布図
総数1億2,700万人、人口の二分の一の分岐年齢は46歳。
図の左は男子、右は女子で、これから人口は減り20年後の人口1億人、32年後の人口8,600万人と推定されています。


■増加する成人病患者数

糖尿病:1000万人、糖尿病予備軍;1000万人、高血圧症:4300万人、
脂肪肝:3000万人、脂質異常症;3200万人、慢性腎臓病:1300万人、
腰痛:2700万人、変形性膝関節症::2400万人、骨粗しょう症:1100万人、
睡眠障害:2200万人、頭痛症:3000万人、難聴:2000万人、
花粉症:2000万人、アトピー症:700万人、胆石症:1000万人、
うつ病:700万人、排尿障害:810万人、気管支ぜんそく:1000万人、
認知症(予備軍含み):860万人、便秘症:800万人など。

総人口の分岐線は46歳で、46歳以上の人口数が6千350万人居る計算になります。
46歳以下の人達にも、成人病の人達はいますが、それにしても成人病患者が多いのに驚きます。

また65歳以上の人口数は3500万人で、総人口の28%を占めており、これ等の人達は、前述した病気のひとつやふたつ患っています。

政府は65歳まで働くことを推進しますが、これから60代の人達が本当に元気に働けるのしょうか。そして介護保険制度によって要介護又は要支援の認定を受けた人、要介護者数は、平成26(2014)年度末で592万人います。


■何故こんなに病人が増え続けているのでしょう

今日本人の平均寿命は男性81歳、女性87歳。
しかし健康寿命は男性72歳、女性75歳。
平均寿命と比べて、男性は9年、女性は12年短い。
これでは要介護者数が592万人もいるのも頷ける数字です。
先進国の中で、高齢者の寝たきり老人の多いのは日本だけだと言われています。


■百歳以上の長寿者の多い県と少ない県

調査によると、2016年9月、全国の百歳以上の高齢者が6万7,824人。

●人口10万人当たりの百歳以上の高齢者数の多い都道府県別順位は、
島根県97・5人
鳥取県92・1人
高知県91・3人
鹿児島県91・2人

●100歳以上が少ない順では
埼玉県32・1人
愛知県35・0人
千葉県37・8人
大阪府40・3人

これを見ると長野県以外は全て南西に位置している県です。
最高と最低のその格差が3倍以上あるのは、何故でしょう。


■生活習慣病にならないための方策

●食べ過ぎ。飽食が一番の原因です。腹7分を目標にします。

●日本の伝統食に回帰。
50年前までは副食には魚中心で、肉や卵、揚げ物、チーズ、牛乳は殆ど食べていませんでした。
更に甘い糖分たっぷりのケーキやお菓子類とジュース、そしてお酒の飲み過ぎなど嗜好品が生活習慣病を加速させています。

●運動不足を解消。
骨や筋肉を適度に使うことが重要です。

●加工食品をなるべくとららい
食品添加物なるべくとらないようにします。
また無農薬野菜もおすすめします。

上記に気をつければ腸内環境も整い、血液もきれいになり、疲れ知らずの健康体を維持できます。食べ過ぎ、肉や甘いもの、加工食品、冷たい酒や飲み物は腸内環境を悪くします。

※豊岡倫郎 氏の情報を転載しています。

柿茶
生活習慣病に予防に柿茶をおすすめします。

 

カテゴリー: 柿茶健康通信 | コメントをどうぞ

金毘羅さんへ柿茶を奉納。

新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

笑顔でおまいり。こんぴらさん!金刀比羅宮が年初に発行する年刊誌『こと比ら』七十三号(エブリバディ、コンピラサン。原点復帰特集号)に柿茶の記事が掲載されました。



柿茶がより多くの方々のお手元に届き、皆さまの健康に寄与できますように
との思いを込めて奉納しました。

 

この柿茶は、地元香川県で昭和二十四年から作られている伝統ある柿の葉茶です。使用される柿の葉は、香川県と徳島県の里山で農薬や化学肥料をー切使用せずに栽培されており、農家の方がー枚一枚下寧に選別し、手摘みしているそうです。ノンカフエインで、ほんのり甘く、すっきりとした昧わいなので、どなたでも安心して飲めるお茶です。

商品はこちら


◆金比羅宮 :ホームページ

住所:〒766-8501 香川県仲多度郡琴平町892-1
電話:0877-75-2121FAX:0877-75-2125

◆【アクセス】

カテゴリー: ご案内 | コメントをどうぞ

【カリウムの効用】血圧を下げる、高血圧予防にはナトリウムとカリウムのバランスが重要です。

画像の説明
                      ※佐野内科ハートクリニックより引用

カリウムの効用
血圧上昇を抑制
水分を引きつけて細胞の浸透圧を維持
筋肉の働きをよくする
エネルギーを生産
老廃物の排出

血圧を下げる、高血圧予防にはナトリウムとのバランスが重要
カリウムにはナトリウムの排泄を促して血圧を下げる作用があります。
塩分を減らし、カリウム摂取量を増やすのがポイント。

体液の浸透圧を修持
カリウムとナトリウムは体液の浸透圧を維持します。
細胞の内に多いのがカリウム、外(血液など)に多いのがナトリウム。
液体は濃度の低いほうヘ流れようとするので、細胞はこれに逆らって細胞内にカリウムをとどめ、細胞外にナトリウムを出して浸透圧を維持します。
この浸透圧によって、細胞内外の水分やいろいろな成分を調整する働きをしています。

筋肉の動きをよくする
カリウムが不足すると夏バテになるといわれています。カリウムは筋肉でエネルギーを作るように働きかけていますが、不足すると筋肉の動きが悪くなり、力が出ません。

カリウムは失われやすい
カリウムは野菜や果物など多くの食品に含まれていますが、不足しやすいミネラルの1つです。
また塩分の摂取が多いとナトリウムとともに排出され、コーヒー、お酒、甘い物やストレスも体のカリウムを減らします。

精製度が低い塩【入浜の塩】、砂糖【御蘭糖】もカリウムを始め多くのミネラルを含んでいます。また【柿茶】もカリウムが豊富です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

柿茶本舗直伝、家庭でできる柿の葉茶の作り方。昔から手作り柿の葉茶の作り方をご紹介します

家庭でできる柿の葉茶の作り方

 

■柿の葉茶の作り方をご紹介します。
厳密には柿茶の作り方とは少し違いますが昔からの作り方ですので参考になると思います。

●無農薬の柿の葉を使用してください。これが一番大事です。

●昔の家なら庭に一本はあると思いますのでそれを使います。
また柿の実を取っていない木をオススメします。

●柿の葉は7月から8月までの柿の葉を使用します。
元気な木からできる葉が一番いいです。

柿の葉は甘がき、渋柿どちらでもかまいません。

柿の葉を収穫。晴天ならば2日間陰干しします。

葉脈をとり包丁で3mm程度にきざみます。
※葉が大きい場合は葉脈も大きいです。太い葉脈は取り除きます。

なべにお湯を沸かし、セイロをのせてあたためます。

柿の葉を入れ1分半蒸します。

フタをあけうちわで扇ぎ葉にたまった水滴を蒸発させます。

竹のざるにあけて日陰で乾かします。

完全に乾かして、密閉できる茶筒に保存します。
※空気と光が遮断できる容器がおすすめ栄養を逃がしません。


■柿の葉煮汁のつくり方

①柿の葉煮汁も柿茶と同じように柿の葉を陰乾しにして、葉脈を切り取りこれを横にして3mm位に刻みます。

②大き目のなべに2Lのお湯を沸騰させて、この中に柿の葉を100枚入れ、手早くかきまわして、フタをし3分間煮出します。

③すぐに火からおろして、なべの外から冷水で冷やします。冷えるとガーゼ3枚で数回こします。

④光を通しにくい瓶または容器に入れ保管します。

■柿茶本舗がご提供する柿茶

ご自宅で作った柿の葉茶と、当店自慢の柿茶の味と飲み比べてみるのも楽しいかもしれません。ぜひお試し下さいませ。妊婦さんにも赤ちゃんにも安心して飲んで頂ける、四国産・柿の葉茶「柿茶」はほんのり甘く飲みやすく、ノンカフェインで農薬不使用。いまなら約12リットル分が1,080円(送料無料)でお試しいただけます。



食後の血糖値抑制効果の報告

柿タンニンによるウイルスの不活化の報告

二日酔いの予防防止効果の報告

カテゴリー: 柿茶・柿の葉茶 | タグ: , , , , , | 2件のコメント

【本社移転のお知らせ】

平成29年11月1日

柿茶本舗 ㈲生化学研究所(東京都千代田区)は本社を東京から創業の地である香川県坂出市に移転することになりましたのでお知らせします。


柿茶本舗 ㈲生化学研究所 外観


香川県内の柿の葉畑

移転先 :香川県坂出市江尻町1220(現在は製造工場として稼働中)

移転日 :2017年11月1日

移転理由:柿茶本舗 ㈲生化学研究所は創業より首都圏で営業活動を行い香川県で柿の葉茶「柿茶®」製造をおこなってきました。

創業70周年を迎える2018年5月に向け本社を弊社の出発地点である香川県坂出市江尻町に移転します。

今後は「柿茶」を地元の産品として香川県から日本全国へ情報を発信していくとともに、香川県内での柿の葉収穫量の大幅増産のために柿の果樹園の耕作放棄地を積極的に活用し、生産地周辺のシルバー人材の活用や新たな雇用の創出に微力ながら貢献していきます。

柿茶本舗 ㈲生化学研究所
代表取締役:井上 信忠

所在地:香川県坂出市江尻町1220
事業内容:柿の葉茶「柿茶®」の製造・販売
ホームページ:http://www.kaki-cha.co.jp/

カテゴリー: ご案内 | コメントをどうぞ

生活改善で見直す家族の健康【健康講演会のお知らせ】2017年10月22日

【生活改善で見直す家族の健康 ~健康を求めてinユープラザ宇多津~ 】

今年で14回目を迎える健康講演会。今回も素晴らしい講師がお二人、登壇してくださいます。

講演1:『薬に頼らず糖尿病を治す方法』
 講師:渡邊 昌 先生

医師である渡辺昌先生。20年前、ご自身が糖尿病になったものの、薬ではなく食事と運動で克服されました。その経験を踏まえて、薬に頼らず糖尿病を直す方法についてお話しして下さいます。糖尿病患者数全国ワーストの香川県民には必須のお話です!!


■ 講演2:『大学ダイエット講義 ~ 無理をしない・頑張らない・それでも確実に痩せる~』
 講師:漆原 光徳 先生

地元メディアでもおなじみの漆原先生。大学の授業でお話しされているダイエット講義の凝縮版です。大学の外で先生の授業が受けられる、またとないチャンスです!

◆ 【タイムテーブル】
 12:00~    開場
 12:15~12:45 オカリナ・コーラス演奏
 12:45~13:00 開会挨拶
 13:00~14:20 講演 渡辺昌先生
 14:20~14:40 休憩
 14:40~16:00 講演 漆原光徳先生

日時:2017年10月22日(日)
 12:00~16:00

場所:ユープラザうたづ
 〒769-0206
 香川県綾歌郡宇多津町浜六番丁88番地

 TEL:0877-49-8020

参加費:前売り1,000円 (当日1,500円)
 ※前売り券はユープラザ宇多津、または下記まで

主 催: NPO法人健康を考えるつどい
 香川県坂出市江尻町1220番地
 TEL:0877-45-8441
 FAX:0877-45-8444
 メール:info@kenkou-tudoi.jp

場所:ユープラザうたづ

【 講師紹介】
◆渡邊 昌(わたなベ•しよう)先生
NPO法人日本綜合医学会会長・公益社団法人生命科学振興会理事長

1941年、朝鮮•平壌生まれ。慶雁義塾大学医学部卒。同大学院博士課程修了(病理学専攻)後、同大学医学部専任講師に。75年、アメリカ国立癌研究所留学。77年に国立がんセンター研究所病理部主任研究官になり、85年からは同研究所の疫学部長を務める。95年から2005年まで東京農業大学教授。その後、国立健康•栄養研究所理事長を歴任。内閣府食育推進評価専門委員座長のほか、生命科学振興会発行の「医と食」(隔月誌)、「ライフサイエンス」(季刊誌)編集長を務める。著書に「「食」で医療費は10兆円減らせる」(日本政策研究センター)、「食事でがんは防げる」(光文社)、「糖尿病は薬なしで治せる」(角川書店)、「薬なし食事と運動で糖尿病を治す」(講談社)、「栄養学原論」(南江堂)など多数。綜合食養推進協議会代表。最新著は「一生がんにならない食ベ方レシピ」(監修、主婦の友社)。
著者【Amazon】


◆漆原 光徳(うるしばら•みつのり)先生

四国学院大学 副学長(健康スポーツ科学研究室 教授)

1961年栃木県宇都宮市生まれ。筑波大学大学院修了後、1986年に四国学院大学専任講師として赴任。オーストラリア•アデレード大学客員准教授を経て、1998年から四国学院大学教授(健康スポーツ科学)。現在、四国学院大学副学長、学生支援センター長兼務。日本肥満学会に所属し、ダイエツト関連の著作や製作テレビ番組多数。エフエム香川の朝の生放送「スーパーメデイオ」に、金曜日のコメンテーターとしてレギュラー出演している。
著者【Amazon】

カテゴリー: ご案内 | タグ: | コメントをどうぞ

柿茶ペットボトルデザイン変更のお知らせ

ペットボトルのパッケージデザインが変更となりましたのでお知らせいいたします。

柿茶製品のイメージ統一に向け、オレンジを基調としたデザインに変更致しました。
新しいデザインがより一層皆様に愛されることを願っております。

なお、デザインは変更となりましたが、品質、容量、価格は従来のままとなっております。
9月22日(金)出荷分より新デザインでの出荷とさせて頂きます。

今後ともより一層のご愛顧賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

柿茶ペットボトルご注文はこちら

 

カテゴリー: 柿茶・柿の葉茶, 商品紹介 | タグ: | コメントをどうぞ

スイマグエース粘度についてのお知らせ

スイマグエースの粘度についてのお知らせがきていますので掲載します。

製品の粘度に関するご案内

2015年9月の発売以来、スイマグ·エースの粘度は30~40mpa·s(ミリ・パスカル·セカント:水のmpa·sがlmpa·sです)で推移しておりました。しかしこのところ、190mpa·sといった高い数値のものが出ております。製品の効果に関わる「濃度」はー定しておりますが、先に触れた粘度の高さにより、お客様によっては口当たりに違いを感じられることと存じます。

2015年12月まで製造しておりました従来品「スイマグ」の粘度は、およそ80~380mPa·sで推移しておりました。新製品のスイマグ·エースは、従来品と比ベ粘度が低めであるため、より飲みやすい製品としてご案内して参りましたが、依然として原料によって生じる粘度の差をなくすことは難しい状況です。

自然由来の原料を活かすため、弊社では添加物等で粘度を調節することをしておりません。薬効に関わる濃度がー定であるため、粘度にっいては高低差が生じた際にも出荷させて頂いておりますが、やはり飲みやすさに差が生じてしうことにっいては、深く陳謝申し上げなくてはなりません。

製品の粘度を安定させるべく、今後も原料メーカニとの折衝をはじめ努力を続けて参ります。お客様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご容赦頂き、水分量の調節など飲みやすい方法でご利用いただけれぱ幸いです。

 

カテゴリー: スイマグ | コメントをどうぞ

今年も柿の葉の収穫が始まりました。

今年も柿の葉の収穫が始まっています。
柿茶に使われる柿の葉は一枚一枚手で摘んで収穫しています。
丁寧に状態の良い葉のみを選別しながらの収穫です。

茶色に見えるのは葉を収穫した後の枝。
枝もこの後機械で粉砕されて畑の肥料になります。

今年も良い柿茶ができるように頑張ります。

先日の朝日新聞に取り上げていただきました。
現在新しい柿茶用の畑を作っています。香川県は耕作放棄地が多く景観の悪化や病害虫の増加、農地の持つ災害防止機能の低下などの問題が多くあります。

カテゴリー: 産地情報, 柿茶・柿の葉茶 | コメントをどうぞ

プレスリリース

「柿茶」の生化学研究所、香川県産の柿の葉の収穫を開始。

耕作放棄された果樹園を再生して地元農家を支援、柿の葉をお茶の原料に活用します。

柿の葉を原料とするお茶「柿茶」を製造・販売する生化学研究所(本社/東京都千代田区・事業所/坂出市江尻町1220・社長/井上信忠)は、今年から、香川県産の富有柿(ふゆがき)の葉を「柿茶」の原料として使用することになり、7月3日(月)と4日(火)の二日間、坂出市府中町2649にある約1000坪の果樹園において、約150本分の柿の葉(約1トン)を収穫します。

■坂出市で初めて、柿の葉茶用の原料葉を収穫

昨年、耕作放棄地となっていた柿の果樹園を借り受け柿の葉を収穫し、お茶に加工するうえで品質的に問題がなかったため今年から正式に原料として収穫することになりました。近年は徳島県つるぎ町の契約農家の柿の葉のみを原料としていましたが、柿茶の増産が必要になり、本格的に県内で柿の葉を収穫することになりました。

 

 

 

■収穫して製品化

収穫には、徳島県の契約農家の方(収穫方法の指導役)と、地元坂出市の農家の方、生化学研究所のスタッフ合計約15名が参加します。収穫作業は午前5時ごろから始め、午後2時ごろまで行う予定です。収穫した柿の葉はその日に当社坂出工場において乾燥「柿茶」として製品化されます。

■荒れていく柿の果樹園を再生、地元農家の雇用創出も

柿の産地は、県内では財田町や塩江町が有名ですが、富有柿は県下全域で生産されています。近年になり柿の収穫が減り、耕作放棄地が増加してきました。山間部だけでなく、坂出市周辺でも柿の果樹園が放置されるようになったため、昨年、香川県農地機構の仲介によって当社が果樹園を10年間借り受け、柿茶の原料茶葉として柿の葉を収穫することになりました。今後は、草刈りや管理、収穫などの作業を地元農家に委託するなど雇用の創出にもつとめ、県産の「柿茶」をブランド化して地域貢献していきたいと考えております。

■柿の葉茶の栄養成分について

柿の葉には、葉酸・カルシウム・鉄分・亜鉛・ビタミンA E C K・タンパク質などの栄養素や、ポリフェノール(カテキン)などが含まれ、「柿の葉のお茶」は健康的なお茶としてテレビなどでも話題になりました。当社の「柿茶」は、農薬不使用・ノンカフェイン・放射能検査済みでどんな人にも安心して飲んでいただけます。

柿茶は(有) 生化学研究所の登録商標です。

カテゴリー: 産地情報, 柿茶・柿の葉茶 | タグ: , | コメントをどうぞ